私たちは消毒・消臭の専門業者です

特殊清掃 北海道

0800-800-5940
道内専用フリーコール 平日9~17時
080-2865-5813
上記時間外及び道外からはこちら

酸素欠乏症・硫化水素中毒

地下ピット、地下室の消毒・消臭

  • 酸素欠乏症

    死亡率が高く危険!

    空気中の酸素濃度が低下することを酸素欠乏といい、酸素欠乏状態の空気を吸入することで酸素欠乏症にかかります。

    酸素欠乏症にかかると目まいや意識喪失、さらには死に至る場合があります。

    18% 安全限界だが連続換気が必要

    平成元年から平成29年までに400人の被災者があり、そのうち191人が死亡。

    致死率の高さが分かります。


    酸素測定警報機

    地下、地下ピットに入る弊社の作業者は全員この酸素測定警報機をベルトに装着します。

    作業前の検出、測定作業

    弊社の酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者が行います。

    酸素測定警報機
  • 硫化水素中毒

    死亡率が高く危険!

    硫化水素は自然界の様々な状況で発生しています。

    汚泥等の撹拌や化学反応等によっては急激に高濃度の硫化水素ガスが空気中に発散されることもあります。

    硫化水素ガスは嗅覚の麻痺や眼の損傷、呼吸障害、肺水腫を引き起こし、死に至る場合もあります。

    10 ppm 許容濃度(眼の粘膜の刺激下限界)

    平成元年から平成29年までに185人の被災者があり、そのうち71人が死亡。


    北川式ガス採取器

    光明理化学工業(株)

    写真 O2、H2S、COの検知管

    ガス採取器

防止対策

  • 酸素欠乏症災害、硫化水素中毒災害防止

    弊社で行う酸素欠乏危険場所の事前確認

    タンク、マンホール、ピット、槽、井戸、たて坑などの内部が酸素欠乏危険場所に該当するか、作業中に酸素欠乏空気及び硫化水素の発生・漏洩・流入等のおそれはないか事前に確認します。

    立入禁止の表示

    酸素欠乏危険場所に誤って立ち入ることのないように、その場所の入口などの見やすい場所に表示します。

    作業主任者の選任

    安衛法で酸素欠乏危険場所で作業を行う場合は、酸素欠乏危険作業主任者を選任し、作業指揮等決められた職務を行わせることとされていますので弊社では講習修了者が行っております。

    特別教育の実施

    酸素欠乏危険場所において作業に従事する者には、酸素欠乏症、硫化水素中毒の予防に関すること等の特別教育を実施致しております。

    測定の実施

    測定者の安全を確保するための措置を行い、酸素濃度、硫化水素濃度の測定を行います。

    換気の実施

    作業場所の酸素濃度が 18%以上、硫化水素濃度が 10ppm 以下になるよう換気し安全に努めます。

    さらに継続して換気を行い確実なものに致します。

    酸素欠乏空気、硫化水素の漏洩・流入がないように細心の注意を払います。

    二次災害の防止

    酸素欠乏災害が発生した際、救助者は必ず空気呼吸器等又は送気マスクを使用します。

    墜落のおそれのある場合には安全帯を装備、フルハーネスで対応。

    救助活動は単独行動をとらず、救助者と同じ装備をした監視者を配置し二次災害を防ぎます。


    ※ 掲載写真(測定器・マスク)は全て弊社で使用しているものです。

  • 送気マスク

    ホースマスク ホースマスク

    全面2本蛇管式

    電動送風機

    ホースマスク用電動用ホース(スパイラルホース)

    20m,10m中間継ぎ手セット


    酸素欠乏症・硫化水素発生の原因

    ○ 物の酸化

    ○ 穀物、果菜、木材等の呼吸

    ○ 有機物の腐敗、微生物の呼吸

    ○ 人の呼吸

    ○ 不活性ガスの流入

    ○ 冷媒に使用されるガスの滞留

    ○ 酸素欠乏空気などの噴出

  • 送風機

    送風機 送風機フレキシブルダクト230πの理由

    地下ピットの開口部は500角が多く300πのダクトホースでは1本しか通りません。

    ホースは延長を伸ばすと風力が落ち、どうしても2本のホースが必要になる場合がありますので弊社では230πを使用しています。

    業種が違いますので弊社では行いませんがマンホールの作業などではやはり大風量の300πが主流ですね。

  • 弊社で使用する送風機

    送風機仕様書
  • 環境・測定記録

    環境測定記録 気温、湿度、気圧

    写真左から
    一体型(温度、湿度、気圧計)、温度計。

    一体型のものは温度が0℃からとなっています。寒冷地を考えて-30℃までの温度計を別途用意したのがこの写真です。

    写真右
    カメラは防水仕様と通常品を使用。

  • デジタル風速計

    風速計仕様書 風速計

    写真中央
    送風機のダクトをつないだ先端の風速を測ります。

    スパイラルダクトを多くつなぐ、曲がりが多いと数量が落ちます。

私たちの技術・強み
地下での消毒・消臭対策 私たちは、作業を行うに当たり、徹底した安全対策を心がけております。
弊社の酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者の測定と指導で安全保護具の適切な使用を実施し有毒ガスの災害防止に努めます。
前へ 水害< 地下ピット >次へ 感染経路
ページのトップへ戻る