私たちは消毒・消臭の専門業者です

特殊清掃 北海道

0800-800-5940
道内専用フリーコール 平日9~17時
080-2865-5813
上記時間外及び道外からはこちら

悪臭を消臭剤だけで対応できることはほとんどありません!
取扱の難しい消臭剤・・有害化学物質

消臭作用の分類とメカニズム

※ 表は横スクロールができます。
分類原理代表される成分長所短所
物理的消臭
物理的吸着
多孔性物質表面に臭気成分を吸着活性炭
シリカゲル
ゼオライト等
悪臭の種類に関係なく吸着
再利用でき安全性が高い
許容量を超えると吸着しない
物理的消臭
化学的吸着
臭気成分を化学結合により吸着
化学的消臭
中和反応
酸化還元反応
化学反応で臭気成分を無臭化有機酸、木酢液
オゾン
両性界面活性剤
経時変化しやすい
安定性困難
化学的消臭
包接作用
ポリフェノール結合の立体構造内部に補足植物抽出
生物的消臭
微生物
臭気成分を微生物が分解微生物効果の持続性が高い
根本から分解消臭する
コスト高
pHと温度湿度に左右される
不安定
感覚的消臭
マスキング
強い香りで被覆香料
植物油等
分かりやすい
悪臭成分は残存

消臭剤 <ちょっと注意!>

化学物質過敏症 Chemical Sensitivity CSと表されますが、近年、過敏症になる方が増加しています。

消臭剤、芳香剤、柔軟剤、除菌剤、合成洗剤、殺虫剤、ヘアカラー剤、溶剤、園芸用農薬等日常に化学物質が溢れています。

日々、それらに触れていて問題が無かったのに、突然発症するのです。

過敏症は人間の体が持つ防御反応のひとつですので誰にでも起こり得るのです。


では化学物質がどのように体内に蓄積されるかといいますと呼吸による吸入です。

この毒物を食べたとしても肝臓が解毒しますが、吸入は肺から血液に取り込まれることによって全身に回ってしまうのです。

吸入しやすいものと考えますと消臭剤を筆頭にヘアカラー、シャンプー、石鹸、柔軟剤あたりでしょうか。

私達も使う前のパッチテストや化学物質の使いすぎを考える必要があるようです。


<ちょっと話がそれますが>・・他の薬害として参考までに

◯ PFOS(ペルフルオロオクタンスルホン酸)/PFOA(パーフルオロオクタン酸)は、生分解をほとんど受けず長く残存する難分解性有機フッ素化合物とされています。

何かと言いますとあまりにも有用なものであり、様々なもの(消化器、撥水剤、グリス、テフロン加工として)に使用されてきたそれは分解もされずいつまでも残るということです。

特に残留により水汚染(水道水も)が深刻になってきました・・結果、野生動物だけではなく人の血液中からも検出されるように・・

PFOSからPFOAにかわり、さらに代替品としてPFHxSがありますがこれまた肝機能の問題があるとされています。


経済産業省はこのような物質の製造及び使用の廃絶・制限、排出の削減を規定するストックホルム条約の遵守から以下の方針。

経済産業省  PFHxS等の使用とその使用禁止に伴う代替可能性に関する調査について(外部リンク)

経済産業省 POPs条約の対象物質に関する調査(外部リンク)


◯ 米ハワイ州、サンゴ礁に有害な化学物質を含む日焼け止めの販売を禁止する法案を可決した。

米国初の試みは、オキシベンゾンとオクチノキサートを含む処方せん不要の日焼け止めの販売を州全土で禁止するというもの。

オキシベンゾンとオクチノキサートが成長中のサンゴを死滅させ、白化を加速、その他の海洋生物の遺伝子を傷つける原因となるとしている。

反面、日焼け止め禁止は、異常気温や魚の乱獲、海岸線の侵食といったサンゴを汚染、破壊している諸問題を解決しないというサンゴ礁研究所(英)のような意見もある。


アスベスト、フロンガスなど有用すぎたものが長期に渡り使用されたことの問題とされているが、本当にそれだけだろうか・・それらの使用をやめて改善はされたのかその後の答えがイマイチ不明だ。


化学物質リスクアセスメント

化学物質を取り扱う場合には危険有害性のラベル表示やSDS(安全データシート)からどのような物質かを知る必要があります。

化学物質表示ラベル

写真は化学品の分類、表示に関する世界調和システム(GHS)国連勧告による表示です。

注意事項!

この国連勧告によって規制されている薬品は現存数の数パーセントでしかないのです。

それほどに多くの化学物質が存在し、日々、開発されているのです。

物理的に全てを把握することが不可能なのです。

表示が無いものでも調査して慎重に扱う危機管理が必要です。

以下のサイトに化学物質の情報がありますので御覧下さい。

厚労省 職場のあんぜんサイト(外部リンク)


弊社の安全衛生推進者による安衛法に基いた管理(作業手順の決定、薬剤の選定など)で安全な作業に努めております。


消臭剤だけでは臭いは消せません!
腐敗、腐乱臭について

結論から申しますと消毒剤が70~80%くらいは消臭していないと消臭剤は生きてきません。

雑菌が増殖する時に臭いが立ち上がります。

基本的なことを申しますと菌を不活性化していないと消臭剤だけでは役に立たないのです。


禁止事項!

私たちの消臭作業で噴霧はほとんど行いません。散布・塗布に留めております。

サージカルマスク程度では業務用の消臭剤を噴霧した場合は直ぐに呼吸に影響が出ます。

それほどに消臭系の薬剤は肺にもダメージがあるのです。

防水剤を過剰に吸い込むと肺がコーティングされて呼吸ができなくなり死に至ります。同じことです。

適切な使用法と保護具の使用ができなければ使ってはいけないものなのです。


私たちの技術・強み
私たちの消臭作業では生活環境内の代表する悪臭を除去致します。
アンモニア、トリメチルアミン、硫化水素、メチルメルカプタン対策の消臭に力を入れております。
○ 状況による薬剤の選定と物理的、化学的作用の併用で除去作業を実施致します。
弊社の強みは測定技術による裏付けです。
前へ 臭気< 消臭剤 >次へ 孤独死 事件事故
ページのトップへ戻る