特殊清掃

私達は札幌市を中心に全道に展開する消毒除菌・消臭の施工業者です。
衛生上の安全回復・悪臭除去を図ることが私達の仕事です。

更新日:   NEW menu「感染症」:感染症情報を更新

お問い合わせ

080-2865-5813

24時間対応

0800-800-5940

道内専用フリーコール

会社名:新道 有限会社
屋号:曲友(かねとも)
所在地: 北海道 石狩市 札幌市 栗山町
特殊清掃事業部

創業2000-11-11(平成12)年
会社登記は平成18年5月11日の実績

先ずは、ご相談ください!

感染症、食中毒の予防、軽度汚染の消毒除菌から事件事故現場の感染症の重度汚染までの消毒除菌、消臭を行います。

以下、消毒除菌、消臭、特殊清掃について御覧ください。




1防疫予防業務

定期作業

○ 衛生面の対策

○ 臭い対策

定期消毒除菌は、健全な衛生状態を維持するために、定期消臭は、臭いの拡散、蔓延を防ぐために行われています。 基本、月に一、二度の作業となります。


生活空間の消毒除菌作業

私たちの取り扱う消毒除菌剤はノロウィルス・O-157・インフルエンザにも有効です。

人の多く集まる空間、居住空間の浮遊する菌を消毒除菌致します。

学校関連(塾)、病院関連(介護施設)会社関連(事務所・工場)

住宅関連(マンションなどの集合住宅)


接触感染対策

スーパーなどのショッピングカート・ベビーカート・買い物カゴ他の洗浄、消毒除菌

介護車いす・ベッドの洗浄、消毒除菌

幼稚園などの玩具他の洗浄、消毒除菌


2軽度汚染

汚染箇所の消毒除菌

○ 生活空間における汚染ヶ所の消毒除菌

○ 軽度の生活臭・ペット臭の除去

※ ノロウィルス・O-157・インフルエンザ・結核・生物の腐乱現場は「感染症の重度汚染」となります

※ ツンとくるアンモニア臭がある場合は重度汚染となります


消臭作業

老健、介護関連施設では介護臭対策として行われています。

※ 消臭作業は単独で行うものではなく、先に消毒除菌作業が必須となります。

※ 死臭がある場合は感染症の重度汚染となります

上へ

北海道
北海道ロゴ

3重度汚染

業務における汚染箇所の消毒除菌

○ 工場の汚染ヶ所の消毒除菌

○ 工場内の空間除菌消毒

○ 工場の悪臭(畜産・魚介類)の対策

※ 感染の恐れがあり、重篤の危険性がある結核、生物の腐乱現場などは感染症の重度汚染となります

※ 汚染源が広範囲な場合は感染症の重度汚染となります

※ 害虫駆除が必要とされる現場は感染症の重度汚染となります


4感染症の重度汚染

感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律

◎ ノロウィルス・O-157・インフルエンザ等の感染経路(発症者の住居など)の消毒除菌

◎ 結核発症者の住居、感染経路の消毒除菌。

※ 二類感染症の結核は感染力、重篤性の観点から危険性が高い感染症とされています。

※ 三類感染症の腸管出血性大腸菌感染症は集団発生を起こし得る感染症されています。

◎ 直ちに火葬を行う必要のある一類感染症・二類感染症・三類感染症・新型インフルエンザに汚染された死亡者の住居、感染経路の消毒除菌。

感染症の分類 感染症類型

感染症の現状

孤独死における 病理解剖報告

A型肝炎・敗血症・肺炎・らい病・破傷風、菌血症・クラミジア感染症・梅毒、ワイル病、真菌感染症などは死体からの感染は無いとされています。

結核

作業者である私達が最も恐れるのは、この結核です。

世界的に見て、日本は依然として結核中まん延国であると言われています。 特に、結核は空気感染の怖さであり、抗生物質の効かない多耐性菌による死亡まで報告されています。

疥癬

また、疥癬(かいせん)などの皮膚病の感染も多くも報告されています。 北海道知床のキツネの個体数減少は疥癬によるとも言われています。 疥癬はダニにより感染発症します。

疥癬について  NIID国立感染症研究所

死者まで出した重症熱性血小板減少症候群(SFTS)ウィルスを持つマダニは最近の報道でご存知かと思います。 ダニ類の持つある種の細菌やウイルスによって様々な全身性の感染症をきたすことが一番の問題です。

重篤化するダニ媒介脳炎を引き起こすマダニが札幌市内の公園にいることも最近判明致しました。

上へ

4+特殊清掃

孤独死現場の特殊清掃とは

孤独死現場では居住空間の再利用を可能にするための原状復帰、原状回復作業が必要となります。

家財道具を撤去し、室内を空にすること。

汚染箇所の清掃と解体、修繕を行うこと。

感染症を防ぐ衛生上の回復を図ること。

特殊清掃を行う現場は、「4感染症の重度汚染」の状態であり、消毒除菌、消臭作業以外にも+(プラス)家財道具の撤去や解体、 リフォームが加わります。


害虫駆除・死骸、汚物処理

ここでいう害虫駆除は、ハエ、ウジ虫、ダニとなります。

ご遺体は警察が検視のために警察署に安置していますが、ペットなどの動物の死骸、害虫はそのままとなっているので業者である私達が対処することになります。

家財道具の分別・撤去処分

家財道具の処分と簡単に言いますが、引き出しの中身、棚にあるもの、タンスの中身、ガラスから紙、布製品からプラスチック、木、金属類の全てを分別しなければなりません。

処分品であってもある程度は梱包もしなければなりません。

容器に入っているもの、袋に入っているもの、中身も同様に分別となりますので大変な作業となります。

貴重品に関しては現場検証をした際に警察が遺留品として保管してあります。 私たち業者が入室を許された時には、1円玉1枚、印鑑、通帳などの貴重品は一切ありません。

家財道具の分別、撤去処分後の室内清掃。

弊社では孤独死現場にある家財道具は、ご遺族様が引き取るもの以外は全て廃棄処分とさせて戴きます。保管業務は致しておりません。 衛生上のことを考えると全て廃棄が望ましく思います。


解体・リフォーム

解体範囲は汚染具合によります。

クロスはがし(壁、天井)
ボードはがし(壁、天井)
床材はがし。

台所、バスユニット、洗面台の解体撤去、ドア、ふすま、窓枠解体撤去処分。

ストーブ、換気扇など空調関連機器、台所などのガス器具、照明器具の取り外し、撤去処分。

通常の処分とは別な、冷蔵庫、エアコン、TVなどのリサイクル品の処分。

自治体にもよりますが畳も扱いが別になることがあります。

これでも全てではありません。

さらに解体撤去後は、原状復帰ですので元に戻さなければなりません・・リフォームが行われます

上へ


次へ