特殊清掃 北海道

私たち業者が恐れるのは結核と新型インフルエンザです。空気感染するウィルスは乾燥にも強いので寒冷地北海道の冬が心配です。

TEL : 0800-800-5940
道内専用フリーコール、平日17:00まで

TEL : 080-2865-5813
他地域及び土日曜祭日、平日17:00以降

メールフォーム  > > メールロゴ

結核・インフルエンザ・新型コロナウィルス

facebook   instagram   twitter   Line   Pinterest   blogger

温暖化のせいでしょうか細菌、ウィルス、全てが変わってきているような気がします。

注意喚起!SARS-Cov-2

 厚労省  新型コロナウイルス感染症の感染症法上の位置づけ変更に伴い、2023年5月7日分のデータが、本サイトの最終集計値となっております。  最終更新日(2023年5月9日16時)以降、本サイトのデータは更新されていません。
新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボードの資料等  第124回

NEW 2024 2/26

5類移行に伴い定点把握感染症として毎週金曜日に更新予定 ※表記はCOVID-19

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生状況について 定点把握感染症(週報)

2/26 2024年第7週 (2月12日~2月18日) COVID-19:全道 10.31 / 全国 10.10
2/26 令和6年  第7週 2/12~2/18 都道府県別
2/26 定点当たり報告数の推移(全国)2023年第19週以降 

2/16 2024年第6週 (2月5日~2月11日) COVID-19:全道 14.95 / 全国 13.75
2/16 令和6年  第6週 2/5~2/11 都道府県別

2/9 2024年第5週 (1月29日~2月4日) COVID-19:全道 15.40 / 全国 16.15
2/9 令和6年  第5週 1/29~2/4 都道府県別

2/2 2024年第4週 (1月22日~1月28日) COVID-19:全道 13.73 / 全国 14.93
2/2 令和6年  第4週 1/22~1/28 都道府県別

1/26 2024年第3週 (1月15日~1月21日) COVID-19:全道 10.78 / 全国 12.23
1/26 令和6年  第3週 1/15~1/21 都道府県別

1/19 2024年第2週 (1月8日~1月14日) COVID-19:全道 10.53 / 全国 8.96
1/19 令和6年  第2週 1/8~1/14 都道府県別

1/12 2024年第1週 (1月1日~1月7日) COVID-19:全道 10.42 / 全国 6.96
1/12 令和6年  第1週 1/1~1/7 都道府県別

1/10 2023年第52週 (12月25日~12月31日) COVID-19:全道 12.28 / 全国 5.79
1/10 令和5年  第52週 12/25~12/31 都道府県別

1/4 2023年第51週 (12月18日~12月24日) COVID-19:全道 10.69 / 全国 4.57
1/4 令和5年  第51週 12/18~12/24 都道府県別

12/22 2023年第50週 (12月11日~12月17日) COVID-19:全道 9.31 / 全国 4.15
12/22 令和5年  第50週 12/11~12/17 都道府県別

12/15 2023年第49週 (12月4日~12月10日) COVID-19:全道 7.82 / 全国 3.52
12/15 令和5年  第49週 12/4~12/10 都道府県別

12/8 2023年第48週 (11月27日~12月3日) COVID-19:全道 6.82 / 全国 2.75
12/8 令和5年  第48週 12/27~12/3 都道府県別

12/1 2023年第47週 (11月20日~11月26日) COVID-19:全道 6.61 / 全国 2.33
12/1 令和5年  第47週 11/20~11/26 都道府県別

11/24 2023年第46週 (11月13日~11月19日) COVID-19:全道 5.98 / 全国 1.95
11/24 令和5年  第46週 11/13~11/19 都道府県別

11/17 2023年第45週 (11月6日~11月12日) COVID-19:全道 5.87 / 全国 2.01
11/17 令和5年  第45週 11/6~11/12 都道府県別

11/10 2023年第44週 (10月30日~11月5日) COVID-19:全道 6.51 / 全国 2.44
11/10 令和5年  第44週 10/30~11/5 都道府県別

11/6 2023年第43週 (10月23日~10月29日) COVID-19:全道 7.08 / 全国 2.86
11/6 令和5年  第43週 10/23~10/29 都道府県別

10/27 2023年第42週 (10月16日~10月22日) COVID-19:全道 6.79 / 全国 3.25
10/27 令和5年  第42週 10/16~10/22 都道府県別

10/20 2023年第41週 (10月9日~10月15日) COVID-19:全道 6.61 / 全国 3.76
10/20 令和5年 第41週 10/9~10/15 都道府県別

今回からプレスリリースをアップ 各都道府県、年代別などPDFにて。
10/13 令和5年 第40週 10/2~10/8
10/13 2023年第40週 (10月2日~10月8日) COVID-19:全道 8.19 / 全国 5.20
10/6 2023年第39週 (9月25日~10月1日) COVID-19:全道 10.43 / 全国 8.83
9/29 2023年第38週 (9月18日~9月24日) COVID-19:全道 10.28 / 全国 11.01
9/22 2023年第37週 (9月11日~9月17日) COVID-19:全道 14.86 / 全国 17.54
9/15 2023年第36週 (9月4日~9月10日) COVID-19:全道 17.90 / 全国 20.19
9/8 2023年第35週 (8月28日~9月3日) COVID-19:全道 20.25 / 全国 20.50
9/1 2023年第34週 (8月21日~8月27日) COVID-19:全道 19.08 / 全国 19.07
8/25 2023年第33週 (8月14日~8月20日) COVID-19:全道 19.59 / 全国 17.84
8/19 2023年第32週 (8月7日~8月13日) COVID-19:全道 11.20 / 全国 14.16
8/14 2023年第31週 (7月31日~8月6日) COVID-19:全道 10.16 / 全国 15.81
8/4 2023年第30週 (7月24日~7月30日) COVID-19:全道 8.83 / 全国 15.91
7/28 2023年第29週 (7月17日~7月23日) COVID-19:全道 8.92 / 全国 13.91
7/21 2023年第28週 (7月10日~7月16日) COVID-19:全道 8.45 / 全国 11.04
7/14 2023年第27週 (7月3日~7月9日) COVID-19:全道 6.73 / 全国 9.14
7/7 2023年第26週 (6月26日~7月2日) COVID-19:全道 6.03 / 全国 7.24
6/30 2023年第25週 (6月19日~6月25日) COVID-19:全道 5.23 / 全国 6.13
6/23 2023年第24週 (6月12日~6月18日) COVID-19:全道 5.71 / 全国 5.60
6/16 2023年第23週 (6月5日~6月11日) COVID-19:全道 6.47 / 全国 5.11
6/9 2023年第22週 (5月29日~6月4日) COVID-19:全道 6.71 / 全国 4.55
6/2 2023年第21週 (5月22日~5月28日) COVID-19:全道 5.72 / 全国 3.63
5/26 2023年第20週 (5月15日~5月21日) COVID-19:全道 5.44 / 全国 3.56
5/19 2023年第19週 (5月08日~5月14日) COVID-19:全道 4.36 / 全国 2.63


Topics

 2023 11/30  梅毒が増加しています

梅毒については、2011年頃から年々増加傾向にあり、2014年の約1,700件から2018年に約7,000件となるまで年々増加し、 2022年の報告者数は10,000件を超え、22023年度においても更なる感染者の増加に注意が必要です。梅毒は性的接触があれば、誰でも感染する可能性があり、放置すると、心臓・血管・脳などに病変が生じ、障害が残る可能性があります。
厚生労働省 リーフレット(いま、梅毒が急拡大していることをご存じですか?) 
厚生労働省 リーフレット(いま、梅毒が拡大しています) 
出典: 厚労省メール Vol.501 (2023年11月29日)


弊社の技術・強み・知見

column   SARS-Cov-2
ニドウィルス目→コロナウィルス科→コロナウィルス亜科→ベータコロナウィルス属の新型コロナ SARS-Cov-2  これが新型コロナ、ウィルスの正式名称です。
Covid-19 = Covは、Coronavirus 、disease(疾患)、19は、2019年に出現したコロナウィルス疾患の意味で病名を表します。 SARS,MERSもベータコロナウィルス属。遺伝子配列を見るとSARSと新型コロナは非常に近いということが分かりました。

インフルエンザ報道発表資料 2023/2024(外部リンク)

NEW 2024 2/26
2/26令和6年 第7週 2/12~2/18

定点当たり報告数の推移(全国)  2023年第19週以降
2/16令和6年 第6週 2/5~2/11
2/9令和6年 第5週 1/29~2/4
2/2令和6年 第4週 1/22~1/28
1/26令和6年 第3週 1/15~1/21
1/19令和6年 第2週 1/8~1/14
1/12令和6年 第1週 1/1~1/7
1/10令和5年 第52週 12/25~12/31
1/4令和5年 第51週 12/18~12/24
12/22令和5年 第50週 12/11~12/17
12/15令和5年 第49週 12/4~12/10
12/8令和5年 第48週 11/27~12/3
12/1令和5年 第47週 11/20~11/26
11/24令和5年 第46週 11/13~11/19
11/17令和5年 第45週 11/6~11/12
11/10令和5年 第44週 10/30~11/5
11/6令和5年 第43週 10/23~10/29
10/27令和5年 第42週 10/16~10/22
10/20令和5年 第41週 10/9~10/15
10/13令和5年 第40週 10/2~10/8
10/6令和5年 第39週 9/25~10/1
9/29令和5年 第38週 9/18~9/24
9/22令和5年 第37週 9/11~9/17
2023~2024シーズン開始 9/16令和5年 第36週 9/4~9/10

インフルエンザ報道発表資料 2022/2023シーズン(外部リンク)

2022~2023シーズン終了
9/8令和5年  第35週 8/28~9/3
9/1令和5年  第34週 8/21~8/27
8/25令和5年 第33週 8/14~8/20
8/18令和5年 第32週 8/7~8/13
8/14令和5年 第31週 7/31~8/6
8/4令和5年 第30週 7/24~7/30
7/28令和5年 第29週 7/17~7/23
7/21令和5年 第28週 7/10~7/16
7/14令和5年 第27週 7/3~7/9
7/7令和5年 第26週 6/26~7/2
6/30令和5年 第25週 6/19~6/25
6/23令和5年 第24週 6/12~6/18
6/16令和5年 第23週 6/5~6/11
6/9令和5年 第22週 5/29~6/4
6/2令和5年 第21週 5/22~5/28
5/26令和5年 第20週 5/15~5/21
5/19令和5年 第19週 5/8~5/14
5/12令和5年 第18週 5/1~5/7
5/10令和5年 第17週 4/24~4/30
4/28令和5年 第16週 4/17~4/23
4/21令和5年 第15週 4/10~4/16
4/14令和5年 第14週 4/3~4/9
4/7令和5年 第13週 3/27~4/2
3/31令和5年 第12週 3/20~3/26
3/24令和5年 第11週 3/13~3/19
3/17令和5年 第10週 3/6~3/12
3/10令和5年 第9週 2/27~3/5
3/3令和5年 第8週 2/20~2/26
2/24令和5年 第7週 2/13~2/19
2/17令和5年 第6週 2/6~2/12
2/10令和5年 第5週 1/30~2/5
2/3令和5年 第4週 1/23~1/29
1/27令和5年 第3週 1/16~1/22
1/20令和5年 第2週 1/9~1/15
1/13令和5年 第1週 1/2~1/8
1/6令和4年 第52週 12/26~令和5年 1/1
1/4令和4年 第51週 12/19~12/25
12/28令和4年 第51週(速報) 12/19~12/25
12/23令和4年 第50週 12/12~12/18
12/16令和4年 第49週 12/5~12/11
12/9令和4年 第48週 11/28~12/4
12/2令和4年 第47週 11/21~11/27
11/25令和4年 第46週 11/14~11/20
11/18令和4年 第45週 11/7~11/13
11/11令和4年 第44週 10/31~11/6
11/4令和4年 第43週 10/24~10/30
10/28令和4年 第42週 10/17~10/23
10/21令和4年 第41週 10/10~10/16
10/14令和4年 第40週 10/3~10/9
10/7令和4年 第39週 09/26~10/2
09/30令和4年 第38週 09/19~09/25
09/26令和4年 第37週 09/12~09/18
2022~2023 開始 09/16令和4年 第36週 9/5~9/11

弊社の技術・強み・知見

column   インフルエンザ
インフルエンザは冬の病気だと日本人は考えますが地球規模で見てみますと通年で発生しています。
温暖地域冬 季
予亜熱帯地域雨 季
熱帯地域通 年

現代ではコモンコールドといわれる普通の風邪もかつてはキラーウィルスであったことが知られています。 季節性インフルは弱毒性で全身感染は引き起こしていません。

高病原性鳥インフルエンザ

column   鳥型インフルエンザ
弊社で最も恐れるのはインフルエンザと結核です。結核は、再興感染症になり得ることが警鐘されてきました。近年目立ってきたのが新型コロナウィルスと新型インフルエンザです。
新型インフルエンザはA型で起きる新興感染症で人への感染拡大が危惧されます。

 H5N1型のパンデミックでは致死率5~15%と想定

鳥型インフルは本来、ヒトへの感染率は高くないとされてきました。しかし近年、インフルの変異しやすさが影響したためか交雑を重ねてヒト-ヒトの伝播力が強まったといわれています。哺乳類間の不顕性感染が伝播されてさらにヒトへの感染が容易になることも考えられます。

人間の細胞にあるレセプターにも結合しやすく変異したのがH7N9型鳥型インフルです。
鳥の体温42℃で鳥型インフルは増殖するのですが、H7N9型鳥型インフルは人の体温に近い温度で増殖するように変化していた事が分かっています。
2013年、中国で感染が確認されたこのH7N9型鳥型インフルは致死率が高いことも判明しております。それは弱毒であるが肺炎から多臓器不全を起こすことが原因でした。

実際にパンデミックになる可能性が指摘されているのがH5N1型(強毒性)です。弱毒性である普通の季節性インフルエンザは呼吸器の局所感染に留まります。H5N1型の場合は全身感染となり多臓器不全を起こすことが懸念されています(免疫応答によるサイトカイン・ケモカインの異常増殖によるサイトカインストーム現象)

従来のインフルエンザ(スペイン風邪・アジア風邪・香港風邪他)は全て弱毒型の病原性インフルでしたがこのH5N1型は強毒性で人類が経験したことのないものです。
現在の国家備蓄ワクチン(プレパンデミックワクチン)では医療機関が機能停止となる懸念もあるようです。 日本ではインドネシア、ベトナム、中国で発生したH5N1型鳥インフルエンザウィルスに対応したそれぞれのワクチンを1000万人分、計3000万人分を備蓄しています。有効期限は3年で適切に更新されています。

弊社の技術・強み・知見

NEW 2024 2/12 column   カンボジア保健省は9日、9歳の男児が高病原性鳥インフルエンザA(H5N1)ウイルスに感染して死亡したと発表した。同国では昨年、少なくとも3人が鳥インフルで死亡しており、同ウイルスの脅威が続いていると警告した。
出典: AFP=時事  AFPBB News JIJI.COM Yahoo news

NEW 2024 2/1 column   中国、鳥インフル感染の女性死亡
中国衛生当局は1月31日までに、鳥インフルエンザ(H10N5型)と季節性インフルエンザ(H3N2型)に感染した女性(63)が浙江省の医療機関で死亡したと発表した。
出典: 北京共同 KYODO 1/31(水) 16:05配信 Yahoo news

column   日本の鳥インフルエンザの状況:対応レベル3(国内複数箇所発生時)
環境省 令和5(2023)年シーズンの野鳥の鳥インフルエンザ発生状況
出典:環境省(令和5年11月27日15:00現在)


全国・全道結核発症数  2024シーズン

NEW 2024 2/13
令和6(2024)年2月13日道内発病者はR6 1/1〜5週(R6 2/4)で37人
全国で1077人

結核年度別累計

 2024 1/24
年 度全国累計(人)北海道累計(人)
202314694506
202214530525
202115799607
202017745637
201921672668
201822448683
201723427695
201624669747
201524523805
201426629798
201327052794
201229317845
201131483999
201026866921
200926996837
200828419775
200721946632

弊社の技術・強み・知見

column   再興感染症になるのか
世界人口の23%にあたる約17億人が結核に感染し、そのうち年間1,000万人が新たに発病し、160万人が死亡していると推定されています (平成29年厚労省)
日本では毎年20,000人前後の発症者があります。日本は結核の中蔓延国です。 この高止まりの状況は懸念材料です。 厚生労働省では、毎年9月24日~30日を「結核予防週間」と定めています。

海外感染症情報

新 着 順(外部リンク)
NEW 2024 2/22  欧州-インフルエンザA(H1N1)変異型ウイルス-スペイン王国

令和6(2024)年2月21日
2024年1月29日、スペイン王国保健当局は、カタルーニャ(Cataluña)州のリェイダ(Lleida)県において、豚インフルエンザA(H1N1)変異型ウイルスのヒトにおける検査確定例をWHOに通知しました。今回の症例を含め、スペインではインフルエンザA(H1N1)変異型ウイルスによるヒト感染例が3例報告されています。
WHO  Influenza A(H1N1) variant virus - Spain  英語版 Disease Outbreak News 9 February 2024

NEW 2024 2/21  南米-西部ウマ脳炎-ウルグアイ東方共和国

令和6(2024)年2月21日
2024年2月8日、2024年1月30日、ウルグアイ東方共和国の国際保健規制(IHR)に基づく連絡窓口は、世界保健機関(WHO)に対し、西部ウマ脳炎「WEE」ウイルスのヒトへの感染例を通知しました。
WHO  Western Equine Encephalitis - Uruguay  英語版 Disease Outbreak News 8 February 2024

NEW 2024 2/20  アフリカ
ギニアのジフテリア、エチオピアの麻疹、南スーダンの人道危機

第5週 2024-1/29~2/4まで
WHO African Region WEEKLY BULLETIN ON OUTBREAKS AND OTHER EMERGENCIES 英語版  Data as reported by: 17:00; 4 February 2024

 2024 2/17  アジア-鳥インフルエンザA(H5N1)変異型ウイルス-カンボジア王国

令和6(2024)年2月8日
2024年1月26日から28日にかけて、カンボジアの国際保健規則(IHR)に基づく連絡窓口(NFP)は、鳥インフルエンザA(H5N1)ウイルスにヒトが感染した確定症例2例をWHOに報告しました。
WHO  Influenza A (H5N1) variant virus - Cambodia 英語版 Disease Outbreak News 8 February 2024

 2024 2/17  南米-インフルエンザA(H1N1)変異型ウイルス-ブラジル連邦共和国

令和6(2024)年2月7日
2024年1月16日、ブラジルの国際保健規則(IHR)に基づく連絡窓口(NFP)は、豚インフルエンザA(H1N1)変異型ウイルスのヒト感染例をWHOに通知しました。
WHO  Influenza A (H1N1) variant virus - Brazil 英語版 Disease Outbreak News 7 February 2024

 2024 2/15  アフリカ
ケニアのリフトバレーフィーバー、モーリタニアの麻疹、ナイジェリアのラッサ熱

第4週 2024-1/22~1/28まで
WHO African Region WEEKLY BULLETIN ON OUTBREAKS AND OTHER EMERGENCIES 英語版  Data as reported by: 17:00; 28 January 2024

 2024 2/11  アフリカ
ザンビアのコレラ、マリのデング熱、モーリシャスのサイクロン・ベラル

第3週 2024-1/15~1/21まで
WHO African Region WEEKLY BULLETIN ON OUTBREAKS AND OTHER EMERGENCIES 英語版  Data as reported by: 17:00; 21 January 2024

 2024 2/4  アフリカ
南スーダンの黄熱病、ジンバブエのコレラ、リベリアで燃料タンカー爆発

第2週 2024-1/08~1/14まで
WHO African Region WEEKLY BULLETIN ON OUTBREAKS AND OTHER EMERGENCIES 英語版  Data as reported by: 17:00; 14 January 2024

 2024 2/1  アフリカ
ザンビアのコレラ、コンゴ共和国の洪水、ブルキナファソのデング熱

第1週 2024-1/01~1/07まで
WHO African Region  WEEKLY BULLETIN ON OUTBREAKS AND OTHER EMERGENCIES 英語版  Data as reported by: 17:00; 07 January 2024

アフリカ
タンザニア連合共和国におけるコレラ、ギニアで火災爆発

第52週 2023-12/25~12/31まで
WHO African Region  WEEKLY BULLETIN ON OUTBREAKS AND OTHER EMERGENCIES 英語版  Data as reported by: 17:00; 31 December 2023

アフリカ
コンゴ民主共和国におけるサル痘、ブルンジのコレラ、マリの人道情勢

第51週 2023-12/18~12/24まで
WHO African Region  WEEKLY BULLETIN ON OUTBREAKS AND OTHER EMERGENCIES 英語版  Data as reported by: 17:00; 24 December 2023

WHO African Region Health Emergency Situation Report

デング熱 - 多国間でのアウトブレイク
WHO African Region AFRO.Dengue.Sitrep001-20231219.pdf 英語版  World Health Organization REGIONAL OFFICE FOR Africa

アフリカ
リベリアのラッサ熱、南スーダンの人道情勢、マリのジカ熱

第50週 2023-12/11~12/17まで
WHO African Region WEEKLY BULLETIN ON OUTBREAKS AND OTHER EMERGENCIES 英語版  Data as reported by: 17:00; 17 December 2023

アフリカ
エチオピアの洪水、カーボベルデのデング熱、ウガンダの炭疽菌

第49週 2023-12/4~12/10まで
WHO African Region WEEKLY BULLETIN ON OUTBREAKS AND OTHER EMERGENCIES 英語版  Data as reported by: 17:00; 10 December 2023

アフリカ
ケニアの洪水、ジンバブエのコレラ、コンゴ共和国におけるサル痘

第48週 2023-11/27~12/3まで
WHO African Region WEEKLY BULLETIN ON OUTBREAKS AND OTHER EMERGENCIES 英語版  Data as reported by: 17:00; 03 December 2023

アフリカ
カメルーンの人道情勢、トーゴのデング熱、コンゴ民主共和国における麻疹

第47週 2023-11/20~11/26まで
WHO African Region WEEKLY BULLETIN ON OUTBREAKS AND OTHER EMERGENCIES 英語版  Data as reported by: 17:00; 26 November 2023

アジア-伝播型ワクチン由来ポリオウイルス2型(cVDPV2)-インドネシア共和国

令和6(2024)年1月18日
インドネシア共和国では、2022年10月から2023年2月までに4例の伝播型ワクチン由来ポリオウイルス2型(cVDPV2)が報告されました。2023年12月20日と27日、インドネシア保健省は、伝播型ワクチン由来ポリオウイルス2型の新たな確定症例2例をWHOに通知しました。
WHO  Circulating vaccine-derived poliovirus type 2 (cVDPV2) - Indonesia 英語版 Disease Outbreak News 11 January 2024

世界-デング熱-世界の状況

令和6(2024)年1月9日
デング熱の世界的発生率は過去20年間で著しく増加し、公衆衛生上の大きな課題となっています。2000年から2019年にかけて、世界保健機関(WHO)は、世界で報告された症例が50万人から520万人へと10倍に急増したことを記録しています。新型コロナウイルス感染症の流行と報告率の低下により、2020年から2022年にかけて症例がわずかに減少した後、2023年には、デング熱症例の急増が世界的に観察されています。
WHO  Dengue - Global situation 英語版 Disease Outbreak News 21 December 2023

南米-西部ウマ脳炎-アルゼンチン共和国

令和6(2024)年1月9日
2023年12月20日、アルゼンチン共和国のIHRに基づく連絡窓口(IHR NFP)は、世界保健機関(WHO)に対し、西部ウマ脳炎「WEE」のヒト感染例を通知しました。
WHO  Western equine encephalitis - Argentina 英語版 Disease Outbreak News 28 December 2023

アフリカ-炭疽-ザンビア共和国

令和5(2023)年12月14日
2023年11月1日、ザンビア共和国の国際保健規則(IHR2005)に基づく連絡窓口はWHOにヒトにおける炭疽の発生を通知しました。
WHO  Anthrax - Zambia  英語版 Disease Outbreak News 08 December 2023

アフリカ
チャドの人道状況、南アフリカのジフテリア、カメルーンの麻疹

第46週 2023-11/13~11/19まで
WHO African Region WEEKLY BULLETIN ON OUTBREAKS AND OTHER EMERGENCIES 英語版  Data as reported by: 17:00; 19 November 2023

欧州-インフルエンザA(H1N2)変異型ウイルス-グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国(英国)

令和5(2023)年12月8日
2023年11月25日、グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国(英国)の国際保健規則に基づく国の連絡窓口は、世界保健機関(WHO)に対し、豚由来インフルエンザA(H1N2)ウイルス感染のヒト症例を通知しました。これは、英国で報告された初めての豚インフルエンザA(H1N2)変異型の症例です。
WHO  Influenza A(H1N2) variant virus infection - United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland  英語版 Disease Outbreak News 01 December 2023

アフリカ-エムポックス(サル痘 MPXV)-コンゴ民主共和国

令和5(2023)年12月7日
2023年1月1日から11月12日までに、コンゴの26州中22州(85%)の156の保健区域で、581例の死亡(致死率:4.6%)を含む、合計12,569例のエムポックス疑い症例が報告されました。
WHO  Mpox (monkeypox)- Democratic Republic of the Congo 英語版 Disease Outbreak News 23 November 2023

アジア-インフルエンザA(H5N1)-カンボジア王国

令和5(2023)年12月6日
2023年11月24日から25日にかけて、カンボジア王国保健省はWHOに対し、カンポット(Kampot)州の村でインフルエンザA(H5N1)感染例2例を確認したと通知しました。
WHO  Avian Influenza A (H5N1) – Cambodia 英語版 Disease Outbreak News 29 November 2023

アフリカ
アフリカの角(アフリカ大陸東部の呼称)における人道情勢、マリのデング熱、ザンビアの炭疽菌

第45週 2023-11/6~11/12まで
WHO African Region WEEKLY BULLETIN ON OUTBREAKS AND OTHER EMERGENCIES 英語版  Data as reported by: 17:00; 12 November 2023

アフリカ
ガーナの人道情勢、ブルキナファソのデング熱、ギニアのジフテリア

第44週 2023-10/30~11/5まで
WHO African Region WEEKLY BULLETIN ON OUTBREAKS AND OTHER EMERGENCIES 英語版  Data as reported by: 17:00; 05 November 2023

アジア-小児の呼吸器疾患の急増について-中国 北部

令和5(2023)年11月30日
2023年10月中旬以来、世界保健機関(WHO)は中華人民共和国北部で小児の呼吸器疾患の増加を示している中国の監視システムのデータをモニタリングしています。
WHO  Upsurge of respiratory illnesses among children-Northern China 英語版 Disease Outbreak News 23 November 2023

アフリカ
マリの人道危機、コンゴ民主共和国におけるポリオ、モーリタニアのジフテリア

第43週 2023-10/23~10/29まで
WHO African Region WEEKLY BULLETIN ON OUTBREAKS AND OTHER EMERGENCIES 英語版  Data as reported by: 17:00; 29 October 2023

アフリカ
ニジェールのジフテリア、モザンビークのコレラ、エチオピアの人道危機

第42週 2023-10/16~10/22まで
WHO African Region WEEKLY BULLETIN ON OUTBREAKS AND OTHER EMERGENCIES 英語版  Data as reported by: 17:00; 22 October 2023

アフリカ - ジフテリア - ギニア共和国 

令和5(2023)年11月8日
2023年9月5日、保健省はギニア共和国でのジフテリア発生をWHOに通知しました。2023年7月4日から10月13日までに、ギニア中東部のカンカン(Kankan)地域で合計538人のジフテリア患者が報告されています。 WHO  Diphtheria - Guinea  英語版 Disease Outbreak News 18 October 2023

アフリカ
エチオピアのデング熱、コンゴ共和国のMPOX、セネガルにおけるクリミア・コンゴ出血熱

第41週 2023-10/9~10/15まで
WHO African Region WEEKLY BULLETIN ON OUTBREAKS AND OTHER EMERGENCIES 英語版  Data as reported by: 17:00; 15 October 2023

worldwide overview - デング熱 - 熱帯、亜熱帯地域、欧州、米国 

令和5(2023)年10月30日
海外でデング熱の報告が増えています。今年は熱帯、亜熱帯地域におけるデング熱の大規模な流行に加え、欧州や米国などでもこれまで発生が見られなかった地域でデング熱の発生が報告されています。 ECDC  Dengue worldwide overview 英語版 Situation update, 2 October 2023
出典:厚労省メール Vol.499 (2023年10月27 日)

アフリカ-デング熱-チャド共和国 

令和5(2023)年10月24日
2023年8月15日、チャド共和国は公衆衛生・予防省はデング熱の流行を宣言しました。10月1日現在、4つの州の8つの保健地区で、確定症例41例を含む1,342例の疑い例が報告されています。 WHO  Dengue - Chad 英語版 Disease Outbreak News 16 October 2023

アジア-ニパウイルス感染症-インド共和国 

令和5(2023)年10月24日
2023年10月3日、インド共和国の保健家族福祉省は、2023年9月12日から15日までに、ケララ(Kerala)州コーリコード(Kozhikode)地区で、ニパウイルス感染症の検査確定例6例(うち死亡者2名)を報告しました。 WHO  Nipah Virus Infection – India 英語版 Disease Outbreak News 3 October 2023

アフリカ
エチオピアの麻疹、タンザニアのコレラ、南スーダンの人道情勢

第40週 2023-10/2~10/8まで
WHO African Region WEEKLY BULLETIN ON OUTBREAKS AND OTHER EMERGENCIES 英語版  Data as reported by: 17:00; 08 October 2023

アフリカ
ウガンダのリフトバレー熱、エチオピアのマラリア、ブルンジのコレラ

第39週 2023-9/25~10/1まで
WHO African Region WEEKLY BULLETIN ON OUTBREAKS AND OTHER EMERGENCIES 英語版  Data as reported by: 17:00; 1 October 2023

アフリカ
エチオピアのコレラ、ブルキナファソのデング熱、マリにおけるデング熱

第38週 2023-9/18~9/24まで
WHO African Region WEEKLY BULLETIN ON OUTBREAKS AND OTHER EMERGENCIES 英語版  Data as reported by: 17:00; 24 September 2023

アフリカ
チャドのデング熱、モーリタニアのクリミア・コンゴ出血熱、コンゴ民主共和国における人道危機

第37週 2023-9/11~9/17まで
WHO African Region WEEKLY BULLETIN ON OUTBREAKS AND OTHER EMERGENCIES 英語版  Data as reported by: 17:00; 17 September 2023

アフリカ-腸チフス、細菌性赤痢、コレラの3つの感染症によるアウトブレイク疑い-コンゴ共和国 

令和5(2023)年9月27日
コンゴ共和国の保健人口省は、2023年7月17日、腸チフス、細菌性赤痢、コレラの3つの感染症を原因とする腸管感染症のアウトブレイクの疑いがあると発表しました。WHOは、この3つ同時のアウトブレイクがもたらすリスクを、国レベルでは高く、地域レベルでは中程度、世界レベルでは低いと評価しています。 WHO  Suspected triple outbreak of typhoid fever, shigellosis and cholera - Congo  英語版 Disease Outbreak News 21 September 2023

欧州-ボツリヌス症-フランス共和国 

令和5(2023)年9月26日
2023年9月12日、フランス共和国の地方公衆衛生当局は、死亡例1例を含むボツリヌス症疑い例10例の集団発生を確認しました。 WHO  Botulism – France 英語版 Disease Outbreak News 20 September 2023

欧州-インフルエンザA(H1N1)変異型ウイルス-オランダ王国 

令和5(2023)年9月26日
2023年9月2日、オランダ王国保健福祉スポーツ省は、オランダのノールト・ブラーバント(North Brabant)州で豚由来のインフルエンザA(H1N1)変異型ウイルスに感染したヒトの検査確定例をWHOに通知しました。 WHO  Influenza A (H1N1) variant virus - the Netherlands  英語版 Disease Outbreak News 13 September 2023

アフリカ
タンザニア連合共和国におけるポリオウイルス、マラウイのコレラ、ナイジェリアのジフテリア

第36週 2023-9/4~9/10まで
WHO African Region WEEKLY BULLETIN ON OUTBREAKS AND OTHER EMERGENCIES 英語版  Data as reported by: 17:00; 10 September 2023

アフリカ
コンゴ共和国における細菌性腸感染症、ニジェールのジフテリア、ジンバブエのコレラ

第35週 2023-8/28~9/3まで
WHO African Region WEEKLY BULLETIN ON OUTBREAKS AND OTHER EMERGENCIES 英語版  Data as reported by: 17:00; 3 September 2023

アフリカ-ジフテリアーナイジェリア連邦共和国 

令和5(2023)年9月20日
2023年7月2日までの疫学第26週以降、ナイジェリア連邦共和国では複数の州でジフテリアの患者が異常に増加しています。2023年6月30日から8月31日までに、11州の59の地方行政地区(LGA)から合計5,898人の疑い例が報告されました。 WHO  Diphtheria - Nigeria  英語版 Disease Outbreak News 13 September 2023

欧州-レジオネラ症-ポーランド共和国 

令和5(2023)年9月20日
2023年9月11日現在、ポーランド共和国では23人の死者を含む166人のレジオネラ症患者が報告されています。 2023年8月中旬以降、確認された症例数、関連入院患者数、死亡者数の増加は、2016年以降ポーランドで報告された年間症例数を上回っており、極めて稀な事態となっています。 WHO  Legionellosis - Poland 英語版 Disease Outbreak News 14 September 2023

アフリカ
ギニアのジフテリア、ウガンダのコレラ、アフリカのMPOX

第34週 2023-8/21~8/27まで
WHO African Region WEEKLY BULLETIN ON OUTBREAKS AND OTHER EMERGENCIES 英語版  Data as reported by: 17:00; 27 August 2023

複数国-デング熱 

令和5(2023)年9月1日> 厚労省メール Vol.495(2023年9月1日)
熱帯、亜熱帯地域においてデング熱の大規模な流行が報告されています。
WHO  デング熱-WHOアメリカ地域 厚労省 Disease outbreak news 2023年7月19日
WHO  デング熱-バングラデシュ人民共和国 厚労省 Disease outbreak news 2023年8月11日

中東-中東呼吸器症候群(MERS-CoV)-サウジアラビア王国 

令和5(2023)年9月1日
2022年9月13日から2023年8月12日までに、サウジアラビア王国保健省からWHOに、死亡例2例を含む3例の中東呼吸器症候群コロナウイルス(MERS-CoV)検査確定症例が報告されました。 WHO  Middle East respiratory syndrome coronavirus (MERS-CoV) - Saudi Arabia 英語版 Disease Outbreak News 29 August 2023

麻疹 (はしか)– チリ共和国

2023年8月31日
2023年8月12日、チリ共和国の国際保健規則(IHR)に基づく国の連絡窓口は、首都圏で麻疹の確定症例が発生したことをWHOに通知しました。
WHO  Measles - Chile 英語版 Disease Outbreak News 23 August 2023

アフリカ
南スーダンの麻疹、チャドのデング熱、ニジェールの人道危機

第33週 2023-8/14~8/20まで
WHO African Region WEEKLY BULLETIN ON OUTBREAKS AND OTHER EMERGENCIES 英語版  Data as reported by: 17:00; 20 August 2023 ※ 31,32週が公表されていない。このようなことは多々ある。WHOであってもアフリカからの情報となると信憑性に疑問がありそうだ。

複数国-小児の急性肝炎について (第6報)

2023年8月21日
2022年7月8日時点で、世界で少なくとも1,010例の症例と46例の肝移植症例が報告された。英国、米国からの報告でアデノウイルス、アデノウイルス随伴ウイルス2との関連が示唆されているが、原因については各国で引き続き幅広く調査中である。国内では2022年4月27日の厚生労働省よる小児の原因不明肝炎の調査に関する協力依頼の発出以降、2023年6月15日までに小児の原因不明の急性肝炎の可能性例が186例報告された。この186例について、2023年7月19日までに、肝移植を要した症例が3例、死亡例が2例報告された。
NIID 国立感染症研究所  複数国で報告されている小児の急性肝炎について 感染症危機管理研究センター、実地疫学研究センター、感染症疫学センター 2023年8月21日

北米-インフルエンザA(H1N2)変異型ウイルス

2023年8月21日
アメリカ合衆国-2023年8月4日、米国のIHRに基づく国の連絡窓口は、PAHO/WHOに対し、ミシガン州で新型インフルエンザA(H1N2)変異ウイルスのヒトへの感染例が確認され、米国CDCにより検査確定されたことを報告しました。
WHO  Influenza A(H1N2) - United States of America  英語版 Disease Outbreak News 11 August 2023

デング熱-バングラデシュ人民共和国

2023年8月16日
2023年1月1日から8月7日の間に、保健家族福祉省(MOHFW)により、327人の関連死亡例を含む合計69,483人のデング熱症例が報告され、致死率は0.47%となっています。7月30日現在、合計7,978人の患者と47人の死亡者が報告されていますが、6月下旬から患者が急増し始め、7月だけで患者の63%にあたる43,854人と死亡例の62%にあたる204人が報告されています。
WHO  Dengue - Bangladesh 英語版 Disease Outbreak News 11 August 2023

アフリカ
エチオピアの人道危機、コンゴ共和国におけるコレラ・赤癬・腸チフスの発生、モザンビークでコレラが発生

第30週 2023-7/24~7/30まで
WHO African Region WEEKLY BULLETIN ON OUTBREAKS AND OTHER EMERGENCIES 英語版  Data as reported by: 17:00; 30 July 2023

アフリカ
南スーダンの人道危機、ケニアでワクチン由来ポリオウイルス2型が流行、タンザニア連合共和国でワクチン由来ポリオウイルス2型が流行

第29週 2023-7/17~7/23まで
WHO African Region WEEKLY BULLETIN ON OUTBREAKS AND OTHER EMERGENCIES 英語版  Data as reported by: 17:00; 23 July 2023

伝播型ワクチン由来ポリオウイルス2型(cVDPV2)-アフリカ

2023年8月2日 厚労省検疫所
2023年7月4日、タンザニア連合共和国、保健省(MoH)は、同国内で伝播型ワクチン由来ポリオウイルス2型(cVDPV2)が検出されたことをWHOに通知しました。
WHO  Circulating vaccine-derived poliovirus type 2(cVDPV2) - United Republic of Tanzania 英語版 Disease Outbreak News 28 July 2023

;伝播型ワクチン由来ポリオウイルス2型(cVDPV2)-アフリカ

2023年8月1日 厚労省検疫所
2023年7月11日、WHOは、ケニア共和国のハガデラ(Hagadera)の急性弛緩性麻痺(AFP)2人の患者と接触者である無症状の健常児2人から、伝播型ワクチン由来ポリオウイルス2型(cVDPV2)が検出されたとの公式報告を受けました。
WHO  Circulating vaccine-derived poliovirus type 2 (cVDPV2) - Kenya 英語版 Disease Outbreak News 28 July 2023

 ギラン・バレー症候群-ペルー共和国

2023年7月28日
2023年6月26日、ペルー国立疫学・予防・疾病管理センター(CDC)は、国内の様々な地域でギラン・バレー症候群(GBS)症例が異常に増加しているため、疫学的警報を発令しました。2023年6月10日から7月15日の間に、ギラン・バレー症候群の疑い例が130例報告されています。
WHO  Guillain-Barré Syndrome - Peru 英語版 Disease Outbreak News 25 July 2023

 中東呼吸器症候群 - アラブ首長国連邦

2023年7月26日
2023年7月10日、アラブ首長国連邦(UAE)はアブダビ(Abu Dhabi)のAl Ain市に住む28歳男性の中東呼吸器症候群コロナウイルス(MERS-CoV)の症例をWHOに報告しました。
WHO  Middle East Respiratory Syndrome - United Arab Emirates  英語版 Disease Outbreak News 24 July 2023

 南米 -デング熱

2023年7月24日
2023年に入ってから、WHOアメリカ地域では大規模なデング熱の流行が記録されており、今年これまでに報告されたデング熱の疑い例および確定症例は300万例に迫り、2022年通年のデング熱登録症例数280万例を上回っています。2023年7月1日までに報告されたデング熱症例総数(2,997,097例)のうち、45%が検査確定例、0.13%が重症型デング熱に分類されました。2023年現在まででデング熱患者数が最も多いのは、ブラジル、ペルー、ボリビアです。さらに、同期間中、WHOアメリカ地域では1,302人の死亡が報告され、致死率(CFR)は0.04%でした。
WHO  Dengue – the Region of the Americas 英語版 Disease Outbreak News 19 July 2023

 アフリカ
マリの人道危機、ケニヤのコレラ、モザンビークのコレラ

第28週 2023-7/10~7/16まで
WHO African Region WEEKLY BULLETIN ON OUTBREAKS AND OTHER EMERGENCIES 英語版  Data as reported by: 17:00; 16 July 2023

欧州 -ネコにおけるインフルエンザA(H5N1)

2023年6月27日、ポーランドの国際保健規則(IHR)に基づく国の連絡窓口(NFP)はWHOに対し、国内においてネコの異常死事例が発生していると報告しました。
WHO  Influenza A(H5N1) in cats – Poland 英語版 Disease Outbreak News 16 July 2023

アフリカ
チャドの人道危機、ジンバブエのコレラ、ブルンジのコレラ

第27週 2023-7/3~7/9まで
WHO African Region WEEKLY BULLETIN ON OUTBREAKS AND OTHER EMERGENCIES 英語版  Data as reported by: 17:00; 09 July 2023
※ 26週までの19~25 JUNEの表記が間違いで27週の7/3~7/9は正しいと思います。取り敢えず表記のままにアップしております。

欧州 - エンテロウイルス・エコーウイルス11型感染症

令和5(2023)年7月13日
2023年5月31日に発表されたフランスでのエンテロウイルス感染を報告以降、WHOヨーロッパ地域の加盟国からさらに新生児のE-11感染例がWHOに通知されています。2023年6月26日現在、クロアチア、イタリア、スペイン、スウェーデン、英国が、新生児におけるE-11感染の確定症例を報告しています。 WHO  Enterovirus Infection - France 英語版 Disease Outbreak News 7 July 2023

アフリカ
マリの人道危機、マラウイのサイクロン・フレディ危機、アフリカのMPOX

第26週 2023-6/19~6/25まで
WHO African Region WEEKLY BULLETIN ON OUTBREAKS AND OTHER EMERGENCIES 英語版  Data as reported by: 17:00; 25 JUNE 2023

アフリカ
ガーナで炭疽菌の疑い、南アフリカのコレラ、コンゴ民主共和国におけるコレラ

第25週 2023-6/12~6/18まで
WHO African Region WEEKLY BULLETIN ON OUTBREAKS AND OTHER EMERGENCIES 英語版  Data as reported by: 17:00; 18 JUNE 2023

アフリカ
赤道ギニアのマールブルグ州(流行終息宣言)、南アフリカの麻疹、アフリカのMPOX

第24週 2023-6/5~6/11まで
WHO African Region WEEKLY BULLETIN ON OUTBREAKS AND OTHER EMERGENCIES 英語版  Data as reported by: 17:00; 11 JUNE 2023

南米 - インフルエンザA(H1N1)変異型ウイルス ブラジル連邦共和国

令和5(2023)年6月20日
2023年6月7日、ブラジル連邦共和国は、パラナ(Paraná)州内において発生した豚由来のインフルエンザA(H1N1)変異型ウイルスに感染したヒトの検査確定死亡例をWHOに届け出ました。 WHO  Influenza A(H1N1) variant virus - Brazil 英語版 Disease Outbreak News 16 June 2023

アフリカ - マールブルグ病-赤道ギニア共和国

令和5(2023)年6月12日
2023年6月8日、赤道ギニア共和国保健省は、新たな確定例の報告がない状態で42日間(潜伏期間の2倍の期間)を経過したため、WHOの勧告に従い、マールブルグ病(MVD)の終息宣言を行いました。 WHO  Marburg virus disease - Equatorial Guinea 英語版 Disease Outbreak News 9 June 2023

アフリカ
南スーダンにおけるスーダン危機の影響、コンゴ民主共和国における麻疹、WHOアフリカ地域における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)

第23週 2023-5/29~6/4まで
WHO African Region WEEKLY BULLETIN ON OUTBREAKS AND OTHER EMERGENCIES 英語版  Data as reported by: 17:00; 4 JUNE 2023

アフリカ - マールブルグ病-タンザニア連合共和国

令和5(2023)年6月8日
2023年6月2日、タンザニア連合共和国保健省は、同国史上初のマールブルグ病(MVD)のアウトブレイクの終息を宣言しました。WHOの勧告に従い、終息宣言は、最後の接触者が、マールブルグ病の可能性が高い症例または確定症例との最終接触があった可能性がある日から42日後、つまりマールブルグ病の最大潜伏期間の2倍にあたる期間を観察したのちに行われました。 WHO  Marburg virus disease - the United Republic of Tanzania 英語版 Disease Outbreak News 2 June 2023

アフリカ - WHO アフリカ地域におけるコレラ:  速報2023年5月29日

令和5(2023)年6月10日
コレラの流行は、WHOアフリカ地域の14か国に影響を与えています。 アフリカ南部地域でのサイクロンや洪水、アフリカの角での干ばつなどの気候に起因する自然災害により、影響を受けた国のほとんどでコレラの症例が増加しました。 西アフリカ地域で雨季が始まると、コレラのさらなる発生のリスクが目前に迫っています。 WHO African Region:  Cholera in the WHO African Region  英語版 Weekly Regional Cholera Bulletin: 29 May 2023 Data reported: as of 28 May 2023

欧州 - エンテロウイルス感染症-フランス共和国

令和5(2023)年6月6日
2023年5月5日、仏はエンテロウイルス(エコーウイルス11型、E-11)に関連する重症新生児敗血症の症例の増加を報告しました。2022年7月から2023年4月にかけて、仏の3地域の4つの病院から、肝機能障害と多臓器不全を伴う新生児敗血症が計9例報告されました。2023年5月5日現在、7例が死亡し、2例がまだ新生児室に入院しています。 WHO  Enterovirus Infection - France 英語版 Disease Outbreak News 31 May 2023

北米 - 脊椎麻酔下で行われた外科手術に関連した真菌性髄膜炎が疑われるアウトブレイク 米国、メキシコ 

令和5(2023)年6月6日
2023年5月11日、米国CDCは、メキシコ疫学総局(DGE)に対し、米国における中枢神経系感染症(CNSI)患者5例の発生を通知しました。5例とも女性で、メキシコで脊椎麻酔下に外科手術を受けていました。手術は、米国との国境にあるタマウリパス(Tamaulipas)州マタモロス(Matamoros)市にある2つの個人クリニックで行われました。 WHO  Outbreak of suspected fungal meningitis associated with surgical procedures performed under spinal anaesthesia – the United States of America and Mexico 英語版 Disease Outbreak News 1 June 2023

アフリカ
タンザニア連合共和国におけるマールブルグウイルス病、コンゴ民主共和国における複雑な人道危機、アフリカのMPOX

第22週 2023-5/22~5/28まで
WHO African Region WEEKLY BULLETIN ON OUTBREAKS AND OTHER EMERGENCIES 英語版  Data as reported by: 17:00; 28 May 2023

アフリカ
エチオピアのデング熱、モーリタニアの麻疹

第21週 2023-5/15~5/21まで
WHO African Region WEEKLY BULLETIN ON OUTBREAKS AND OTHER EMERGENCIES 英語版  Data as reported by: 17:00; 21 May 2023

アフリカ
コンゴ民主共和国における洪水と地滑り、モーリタニアの麻疹、アフリカのMPOX

第20週 2023-5/8~5/14まで
WHO African Region WEEKLY BULLETIN ON OUTBREAKS AND OTHER EMERGENCIES 英語版  Data as reported by: 17:00; 14 May 2023

欧州 - 心筋炎 グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(英国) 

令和5(2023)年5月22日
2023年4月5日、英国の国際保健規則(IHR)に則った国の連絡窓口は、ウェールズでエンテロウイルス感染に関連する新生児の重症心筋炎の増加をWHOに通知しました。 WHO  Myocarditis - United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland 英語版 Disease Outbreak News 17 May 2023

アフリカ

ルワンダの洪水、ガーナにおけるラッサ熱(流行終息宣言)、WHOアフリカ地域における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
第19週 2023-5/1~5/7まで
WHO African Region WEEKLY BULLETIN ON OUTBREAKS AND OTHER EMERGENCIES 英語版  Data as reported by: 17:00; 7 May 2023

厚労省 注意喚起! 

令和5(2023)年5月12日  多剤耐性で重篤な感染症を引き起こす恐れのあるカンジダ・アウリス(Candida auris)による感染症について
今般、国内初となる海外株によるカンジダ・アウリス真菌血症による死亡例が報告されました。カンジダ・アウリスは、2009年に本邦より初めて報告された酵母真菌であり、本邦では、これまで抗真菌薬への感受性の良い非侵襲性の病気(慢性中耳炎等)からの分離報告が主体ですが、近年、インド・南米・アフリカ・米国など多くの国で国内とは異なる系統の多剤耐性で重篤な感染症を引き起こす恐れのある株による侵襲性感染症(血流感染症等)の事例が報告されており、高い薬剤耐性率、急速な感染例の拡大、院内感染の発生やその感染制御の困難さから国際的に問題となっています。 出典:厚労省 感染症エクスプレス厚労省メールから

アフリカ - マールブルグ病 赤道ギニア共和国およびタンザニア連合共和国 

令和5(2023)年5月11日
赤道ギニア共和国は2023年2月上旬から、タンザニア連合共和国は3月下旬から、それぞれマールブルグ病(MVD)が発生しています。 WHO  Marburg virus disease - Equatorial Guinea and the United Republic of Tanzania 英語版 Disease Outbreak News 8 May 2023

アフリカ - 急性E型肝炎 南スーダン共和国 

令和5(2023)年5月8日
2023年4月14日、南スーダン共和国保健省は、ワーウ(Wau)市において、E型肝炎ウイルスのアウトブレイクを宣言しました。2023年3月23日から2023年4月13日の間に、ワーウ市から合計91例の E型肝炎疑い患者が報告され、そのうち35例が確定診断され、5例の死亡が報告されています(致死率は 5.5%) WHO  Acute hepatitis E – South Sudan 英語版 Disease Outbreak News 5 May 2023

アフリカ

ケニアの胃腸炎、南アフリカのはしか、アフリカのMpox
第18週 2023-4/24~4/30まで
WHO African Region WEEKLY BULLETIN ON OUTBREAKS AND OTHER EMERGENCIES 英語版  Data as reported by: 17:00; 30 April 2023

アフリカ - 麻疹(はしか) エチオピア連邦民主共和国 

令和5(2023)年5月6日
エチオピア連邦民主共和国では、麻疹が風土病となっており毎年症例が報告されています。 2021年8月12日から2023年5月1日の間に、エチオピア国内で16,814人の麻疹検査確定患者と182人の死者が報告され、致死率は1.1%となっています。 WHO  Measles - Ethiopia 英語版 Disease Outbreak News 4 May 2023

アフリカ - ラッサ熱 ナイジェリア連邦共和国 

令和5(2023)年5月3日
ナイジェリア連邦共和国では現在、ラッサ熱の大規模な流行が発生しており、2023年頭から4月16日までの疫学週1~15週の間に4,702例の疑い例、5例の可能性例、877例の確定例が発生しています。確定例のうち、死者は152人(致死率17%)となっています。 WHO  Lassa fever - Nigeria 英語版 Disease Outbreak News 1 May 2023

アフリカ

赤道ギニアにおけるマールブルグ病、WHOアフリカ地域におけるコロナウイルス病(COVID-19)
第17週 2023-4/17~4/23まで
WHO African Region WEEKLY BULLETIN ON OUTBREAKS AND OTHER EMERGENCIES 英語版  Data as reported by: 17:00; 23 April 2023

アフリカ 

赤道ギニアにおけるマールブルグ病、カメルーンのはしか、WHOアフリカ地域のMpox
第16週 2023-4/10~4/16まで
WHO African Region WEEKLY BULLETIN ON OUTBREAKS AND OTHER EMERGENCIES 英語版  Data as reported by: 17:00; 16 April 2023

アジア - 麻疹(はしか) インドネシア共和国 

令和5(2023)年5月1日
インドネシアでは、2023年1月1日から4月3日の間に、全38州のうち18州で合計2,161例の麻疹疑い例(検査確定848例、臨床適合疑い例1,313)が報告されております。 WHO  Measles - Indonesia 英語版 Disease Outbreak News 28 April 2023

アフリカ - 髄膜炎 ナイジェリア連邦共和国 

令和5(2023)年4月30日
2022年10月1日から2023年4月16日の間に、ナイジェリア連邦共和国では、合計1,686名(うち死者124名)の髄膜炎の疑い例が報告され、致死率は7%でした。 WHO  Meningitis - Nigeria 英語版 Disease Outbreak News 27 April 2023

アフリカ - ジフテリア ナイジェリア連邦共和国 

令和5(2023)年4月30日
2023年に入り、ナイジェリア連邦共和国では557例のジフテリア患者が確認され、国内全36州のうち21州に加え連邦首都圏で感染者が発生しています。2022年12月、ナイジェリア疾病管理予防センター(NCDC)は、カノ(Kano)州とラゴス(Lagos)州でジフテリアの発生疑いがあると通知を受けました。2022年5月14日から2023年4月9日までに、1,439例の疑い例が報告され、そのうち557例(39%)が検査確定し、確定例のうち73例が死亡しました(致死率13%) WHO  Diphtheria - Nigeria 英語版 Disease Outbreak News 27 April 2023

海外へ渡航される皆さまへ!- 検疫所 

令和5(2023)年4月29日
 海外で感染症にかからないようにするために、感染症に関する正しい知識と予防方法を身に付けましょう。  海外での感染症予防のポイント  厚労省 検疫所 FORTH

検疫所 注意喚起! 

令和5(2023)年4月29日
アフリカ  マールブルグ病  厚労省 検疫所 FORTH

南米-鳥インフルエンザA(H5N1)のヒト感染例報告-チリ共和国

令和5(2023)年4月24日
チリ共和国における鳥インフルエンザA(H5N1)のヒト感染例報告として2023年4月6日に発表された記事の更新情報です。 その後、WHOはゲノム塩基配列解析結果および現在進められている公衆衛生対策に関する情報を入手しました。 4月5日、チリの国立インフルエンザセンター(NIC)であるチリ公衆衛生研究所によるゲノム塩基配列解析が終了し、鳥インフルエンザウイルスA(H5N1)系統分類2.3.4.4bと特定されました。 合計12人の接触者(濃厚接触者と医療従事者)が確認されましたが、全員がインフルエンザ検査で陰性となり、健康観察期間を終了しています。現在までに、チリでのさらなる感染者は確認されていません。 WHO  Human Infection caused by Avian Influenza A (H5N1) - Chile 英語版 Disease Outbreak News 21 April 2023

検疫所 

令和5(2023)年4月24日
新型コロナウイルス感染症の世界の状況報告(更新111)  COVID-19 Weekly Epidemiological Update(WHO)2023年4月20日

アジア-伝播型ワクチン由来ポリオウイルス2型(cVDPV2) インドネシア共和国 

令和5(2023)年4月23日
2023年3月17日、インドネシア共和国保健省は、西ジャワ(West Java)州プルワカルタ(Purwakarta)地区の急性弛緩性麻痺(AFP)を発症した48カ月女児から、伝播型ワクチン由来ポリオウイルス2型(cVDPV2)が検出されたとWHOに通知しました。 WHO  Circulating vaccine-derived poliovirus type 2 (cVDPV2) - Indonesia 英語版 Disease Outbreak News 17 April 2023

アフリカ - 伝播型ワクチン由来ポリオウイルス2型(cVDPV2) ブルンジ共和国 

令和5(2023)年4月23日
2023年3月17日、ブルンジ共和国保健省は、急性弛緩性麻痺(AFP)患者1例と環境検体5例から、伝播型ワクチン由来ポリオウイルス2型が検出されたことを報告し、国家公衆衛生緊急事態を宣言しました。 WHO  Circulating vaccine-derived poliovirus type 2 (cVDPV2) - Burundi 英語版 Disease Outbreak News 20 April 2023

マールブルグ病-アフリカ 赤道ギニア共和国(更新3) 

令和5(2023)年4月22日
2023年2月13日のアウトブレイク宣言以降、検査確定症例は15例、推定症例は23例となりました。検査確定症例のうち11人が死亡し、致死率78.6%となっています。また、確定症例のうち1人は転帰不明です。推定症例は全例死亡しています。疾病の影響を最も受けている地区はリトラル(Litoral)県のバタ(Bata)地区で、9例の検査確定症例が報告されています。 Marburg virus disease - Equatorial Guinea 厚労省検疫所 和訳版 Disease Outbreak News 15 April 2023

赤道ギニア共和国でのマールブルグ病の発生について(続報) 

令和5(2023)年4月18日
4月18日、WHOは、確定例16例(うち11例死亡)、可能性例23例を報告しました。これまで同国内Kie-Ntem県、Litoral県、Centre Sur県、Wele-Nzas県から発生があります。WHOは3月30日、本件による公衆衛生上のリスクについて、国レベルで非常に高い、準地域レベルで高い、地域レベルで中程度、世界レベルで低いと評価を更新しました。また、WHOは同国への渡航及び貿易を制限することがないよう勧告しています。 WHO Director-General's opening remarks at media briefing – 18 April 2023 英語版 メディアブリーフィングでのWHO事務局長の開会の辞, 18 April 2023

アフリカ

タンザニア連合共和国におけるマールブルグ病、ニジェールの髄膜炎、WHOアフリカ地域におけるCOVID-19
第15週2023-4/3~4/9まで
WHO African Region WEEKLY BULLETIN ON OUTBREAKS AND OTHER EMERGENCIES 英語版  Data as reported by: 17:00; 9 April 2023

検疫所 

令和5(2023)年4月18日
新型コロナウイルス感染症の世界の状況報告(更新110)  COVID-19 Weekly Epidemiological Update(WHO)2023年4月13日

アジア - 鳥インフルエンザA(H3N8)-中華人民共和国 

令和5(2023)年4月16日
このHPの鳥インフルのコーナーで紹介したNHKの記事のWHOの発表です。  WHO 4/18 Avian Influenza A(H3N8) - China 英語版 Disease Outbreak News 11 April 2023
4/13に鳥インフルのコーナーで発表した記事 4/13 NHK 高病原性鳥インフルエンザ情報

アフリカ - 肺炎球菌性髄膜炎 トーゴ共和国 

令和5(2023)年4月16日
トーゴはアフリカの髄膜炎ベルトに位置し、季節的なアウトブレイクが毎年繰り返されています。しかし、今回の流行は、サヘル(Sahel)の治安悪化に伴う人の移動や、監視能力の低さなど、さまざまな要因が重なっていることが懸念されます。また、トーゴにおいて肺炎球菌性髄膜炎のアウトブレイク発生は初めてのことです。 WHO  Pneumococcal meningitis - Togo 英語版 Disease Outbreak News 11 April 2023

アフリカ

Cholera in the WHO African Region  Weekly Regional Cholera Bulletin: 5 April 2023 Data reported: as of 4 April 2023
WHO アフリカ地域でのコレラの発生は進化を続けており、現在 14 か国で発生しています。エスワティニ王国は、2023年4月4日に新たなコレラの発生を宣言しました。  Cholera in the WHO African Region 英語版

複数国 - WHO 

令和5(2023)年4月13日
複数国におけるmpox(サル痘)のアウトブレイク(更新19)
確定された感染者数 86,724人、死亡者数 112人 / 国・地域数 110
複数国におけるmpox(更新19) External Situation Report 19, published 30 March 2023 Date as received by WHO national authorities by 17:00 CEST, 27 March 2022

アフリカ

タンザニア連合共和国におけるマールブルグ病、ブルンジで流行しているワクチン由来のポリオウイルス 2 型、WHOアフリカ地域におけるCOVID-19
第13週2023-3/20~3/26まで
WHO African Region WEEKLY BULLETIN ON OUTBREAKS AND OTHER EMERGENCIES 英語版  Data as reported by: 17:00; 26 March 2023

南米 - 鳥インフルエンザA(H5)のヒト感染例報告 

チリ共和国 令和5(2023)年4月10日
2023年3月29日、チリ共和国保健省は、アントファガスタ(Antofagasta)州で鳥インフルエンザA(H5)ウイルスのヒト感染症の確定症例の発生をWHOに報告しました。これは、チリから報告された鳥インフルエンザA(H5)ウイルスによるヒト感染症の初発症例で、アメリカ大陸地域で現在までに報告された症例の3例目になります。  Human infection caused by Avian Influenza A (H5) - Chile Citable reference: WHO 日本語版 Disease Outbreak News 6 April 2023

検疫所 

令和5(2023)年4月7日
新型コロナウイルス感染症の世界の状況報告(更新109)  COVID-19 Weekly Epidemiological Update(WHO)2023年4月6日

検疫所

新型コロナウイルス感染症における検疫について(2023年4月5日現在)
海外から日本へ帰国・入国される方へ   厚生労働省 検疫所 FORTH

検疫所 

令和5(2023)年4月5日
新型コロナウイルス感染症の世界の状況報告(更新108)  COVID-19 Weekly Epidemiological Update(WHO)2023年3月30日

南米 令和5(2023)年4月3日

デング熱及びチクングニア熱の地理的拡大(アメリカ大陸地域の過去の感染発生地域を除く)
2022年にアメリカ大陸で報告されたデング熱の症例数は280万例で、2021年の120万例と比較すると、2倍以上の増加となっています。 チクングニア熱も同様に増加傾向にあり、パラグアイではチクングニア熱に関連していると思われる髄膜炎による脳症が多く報告されており、さらなる懸念材料となっています。
WHO  Geographical expansion of cases of dengue and chikungunya beyond the historical areas of transmission in the Region of the Americas  英語版 Disease Outbreak News 23 March 2023

ファクトシート - WHO 

令和5(2023)年4月3日
ジカウイルス感染症(ファクトシート)
ジカウイルス感染症は、主に、日中刺咬する、ヤブカ属の蚊によって媒介されるウイルスを原因として引き起こされます。 感染しても、ほとんどが症状を呈しません。症状が出た場合、通常、発疹、発熱、結膜炎、筋肉痛や関節痛、倦怠感、頭痛などで、2~7日間続きます。 妊娠中に感染すると、小頭症などの先天異常や早産、流産を起こすことがあります。 成人および小児において、ギラン・バレー症候群、神経障害、脊髄炎と関連しています。  Zika virus Fact sheets  英語版 WHO. Fact sheets 8 December 2022

リンクエラー修正

アフリカ3/27、3/22、3/15のリンクエラーを修正致しました。

アフリカ

Cholera in the WHO African Region  Weekly Regional Cholera Bulletin: 29 March 2023 Data reported: as of 28 March 2023
WHO アフリカ地域でのコレラの発生は拡大を続けており、現在 13 か国が影響を受けています。 アフリカ南部地域でのサイクロンや洪水、アフリカの角での干ばつなどの同時発生の気候誘発性自然災害は、進行中のアウトブレイクを制御するための進歩を妨げる恐れがあります。 コレラの傾向は、対応と準備措置が強化されているため、注意深く監視されています。  Cholera in the WHO African Region 英語版

アフリカ

WHO アフリカ地域のサイクロン Freddy、トーゴの髄膜炎、WHOアフリカ地域のMpox
第12週2023-3/13~3/19まで
WHO African Region WEEKLY BULLETIN ON OUTBREAKS AND OTHER EMERGENCIES 英語版  Data as reported by: 17:00; 19 March 2023

マールブルグ病-アフリカ 赤道ギニア共和国 

令和5(2023)年3月27日
赤道ギニア共和国でマールブルグ病(MVD)の検査確定症例が8例追加で報告されました。これにより、2023年2月のアウトブレイク宣言以降、検査確定症例は9例、推定症例は20例となりました。検査確定者のうち死亡者は7人であり、推定症例の患者はすべて死亡しています。 Marburg virus disease - Equatorial Guinea 英語版 WHO, 22 March 2023

欧州 令和5(2023)年3月27日

医原性ボツリヌス症 – ヨーロッパ地域
2023年3月7日、ドイツの国際保健規則による国の連絡窓口(NFP)は、トルコの医療機関で注射によるA型ボツリヌス神経毒(BoNT/A)を使用した医療処置を受けた患者における医原性ボツリヌス症例5件をWHOに報告しました。2023年3月17日現在、WHOヨーロッパ地域の4カ国で合計71件の症例が報告されており、主にトルコの2つの病院で発生しています。
WHO Iatrogenic Botulism- European Region 英語版 Disease Outbreak News 24 March 2023

アフリカ 令和5(2023)年3月27日

麻疹(はしか)― 南アフリカ共和国
2022年を通して、南アフリカ共和国では散発的に麻疹の症例が報告されました。10月8日、リンポポ(Limpopo)州でアウトブレイクが宣言され、2023年3月16日現在、すべての州から確定症例が報告されており、南アフリカの9州のうち8州が麻疹のアウトブレイクを宣言しています。
WHO Measles - South Africa 英語版 Disease Outbreak News 21 March 2023

史上初のマールブルグ病の発生を確認-アフリカ タンザニア 

令和5(2023)年3月22日
タンザニアは2023年3月21日、同国北西部のカゲラ(Kagera)州で発生した感染者と死亡者の報告を受けて検査を実施し、同国史上初のマールブルグ病患者を確認しました。 Marburg virus disease - United Republic of Tanzania 英語版 WHO Africa-Tanzania, 21 March 2023

ファクトシート - WHO 

令和5(2023)年3月21日
季節性インフルエンザ(ファクトシート)
季節性インフルエンザは、インフルエンザウイルスによって引き起こされる、世界各地で流行する急性呼吸器感染症でA型、B型、C型、D型の4種類があり、A型とB型のウイルスが季節的な流行を引き起こします。 Influenza Seasonal Fact sheets WHO. Fact sheet, 12 January 2023

ファクトシート - WHO 

令和5(2023)年3月21日
サル痘(ファクトシート)
人獣共通感染症(動物から人に感染するウイルス)の一つで、臨床的には重症化しないものの、かつての天然痘患者に見られた症状と類似した症状を示すウイルスです。1980年に天然痘が根絶され、その後天然痘ワクチンの接種が中止されたため、サル痘は現在の公衆衛生上最も重要なオルソポックスウイルスとして注目を集めています。 サル痘(ファクトシート) WHO. Fact sheet, 19 May 2022

アフリカ

ウガンダのリフトバレー熱、WHOアフリカ地域におけるCOVID-19 
第11週2023-3/6~3/12まで
WHO African Region WEEKLY BULLETIN ON OUTBREAKS AND OTHER EMERGENCIES 英語版 
Data as reported by: 17:00; 12 March 2023

アジア

麻疹(はしか) - ネパール 2023年1月2日
ネパールのバケ(Banke)群ネパールガンジ(Nepalgunj)準都市で、発熱と発疹の症例が集団発生し、麻疹のアウトブレイクが確認されました。
WHO Disease Outbreak News Measles - Nepal 英語版  14 March 2023

アフリカ

Cholera in the WHO African Region  Weekly Regional Cholera Bulletin: 15 March 2023 Data reported: as of 13 March 2023
この地域でのコレラ患者の発生率と死亡率は、過去 6 週間で減少し続けています。 ただし、5カ国(ブルンジ、エチオピア、ケニア、モザンビーク、タンザニア)で症例数の増加が観察されました。  Cholera in the WHO African Region 英語版

アフリカ

Cholera in the WHO African Region  Weekly Regional Cholera Bulletin: 8 March 2023 Data reported: as of 7 March 2023
南スーダンは、新たな発生を確認した最新の国です。全体として、この地域でのコレラの発生率と死亡率は、過去 5 年間で減少しています。  Cholera in the WHO African Region 英語版

複数国 - WHO 

令和5(2023)年3月14日
複数国におけるmpox(サル痘)のアウトブレイク(更新17)
確定された感染者数 86,173人、死亡者数 100人 / 国・地域数 110 複数国におけるmpox(更新17) External Situation Report 17, published 2 March 2023 Date as received by WHO national authorities by 17:00 CEST, 27 February 2022

検疫所 

令和5(2023)年3月12日
新型コロナウイルス感染症の世界の状況報告(更新105)  COVID-19 Weekly Epidemiological Update(WHO)2023年3月8日

アフリカ

赤道ギニアにおけるマールブルグ病、ガーナのラッサ熱、アフリカのMpox 
第10週2023-2/27~3/5まで
WHO African Region WEEKLY BULLETIN ON OUTBREAKS AND OTHER EMERGENCIES 英語版 
Data as reported by: 17:00; 5 March 2023

アフリカ

Cholera in the WHO African Region  Weekly Regional Cholera Bulletin: 1 March 2023 Data reported: as of 26 February 2023
WHO アフリカ地域でのコレラの発生は進化を続けており、現在 13 か国で症例が報告されています。  Cholera in the WHO African Region 英語版

マールブルグ病-アフリカ、赤道ギニア共和国 続報 

令和5(2023)年3月10日
赤道ギニア共和国でのマールブルグ病の発生について(続報)   2023年2月13日、赤道ギニア共和国保健省及びWHOアフリカ地域事務所は、同国北東部のKie-Ntem県で、同国初のマールブルグ病患者の確定例を報告したと発表。さらに2月28日に、同国保健省がさらに2名の死亡例を報告し、死亡例は計11例(うち確定例は1例)となりました。  出典: 赤道ギニア共和国保健省及びWHOアフリカ

アフリカ

赤道ギニアのマールブルク、タンザニア連合共和国におけるはしか、WHOアフリカ地域におけるCOVID-19  第9週2023-2/20~2/26まで
WHO African Region WEEKLY BULLETIN ON OUTBREAKS AND OTHER EMERGENCIES 英語版 
Data as reported by: 17:00; 26 February 2023

アフリカ

WHOアフリカ地域のコレラ、赤道ギニアのマールブルグ、ナイジェリアのジフテリア、アフリカのMpox  第8週2023-2/13~2/19まで
WHO African Region WEEKLY BULLETIN ON OUTBREAKS AND OTHER EMERGENCIES 英語版 
Data as reported by: 17:00; 19 February 2023

検疫所 

令和5(2023)年3月3日
新型コロナウイルス感染症の世界の状況報告(更新104)  COVID-19 Weekly Epidemiological Update(WHO)2023年3月1日

検疫所 

令和5(2023)年3月1日
新型コロナウイルス感染症における検疫について(2023年3月1日現在)  海外から帰国・入国される方へ  厚生労働省 検疫所 FORTH

鳥インフルエンザA(H5N1)-アジア、カンボジア王国 

令和5(2023)年2月28日
2023年2月23日、カンボジア王国の国際保健規則(IHR)に基づく国の連絡窓口(NFP)は、鳥インフルエンザA(H5N1)ウイルスによるヒト感染確定例1例をWHOに報告しました。2023年2月24日に、最初の患者の家族内での接触者である2番目の患者が報告されました。 Avian Influenza A (H5N1) - Cambodia 英語版 Disease Outbreak News 26 February 2023 WHO(World Health Organization)

マールブルグ病-アフリカ、赤道ギニア共和国 

令和5(2023)年2月28日
2023年2月7日、赤道ギニア共和国の保健社会福祉省は、出血熱の疑いがある多数の死亡例の発生を報告しました。 Marburg virus disease - Equatorial Guinea 英語版 Disease Outbreak News 25 February 2023 WHO(World Health Organization)

コレラ-アフリカ、モザンビーク共和国 

令和5(2023)年2月28日
モザンビーク共和国では、2022年12月以降、コレラの発生が急激に拡大し、新たな地区へ地理的に広がっています。2月第1週の豪雨は、状況をさらに悪化させる恐れがあります。 Cholera - Mozambique 英語版 Disease Outbreak News 24 February 2023 WHO(World Health Organization)

検疫所 

令和5(2023)年2月26日
新型コロナウイルス感染症の世界の状況報告(更新103)  COVID-19 Weekly Epidemiological Update(WHO)2023年2月22日

アフリカ

WHOアフリカ地域のコレラ、コンゴ民主共和国におけるはしか、WHOアフリカ地域全体のCOVID-19  第7週2023-2/6~2/12まで
WHO African Region WEEKLY BULLETIN ON OUTBREAKS AND OTHER EMERGENCIES 英語版 
Data as reported by: 17:00; 12 February 2023

ニパウイルス感染症 -アジア、バングラデシュ人民共和国 

令和5(2023)年2月24日
バングラデシュ人民共和国ではニパウイルス感染症の発生は季節的なものであり、例年12月から5月の間に患者が発生しています。2023年1月4日以降、2月13日現在、バングラデシュの2つの管区において、8人の死亡者を含む11人の患者(確定例10人、可能性例1人)が報告されています(症例致死率(CFR)73%)WHOは、本感染症の発生のリスクレベルに関して、国レベルでは高リスク、地域レベルでは中リスク、世界レベルでは低リスクと評価しています。 Nipah virus infection - Bangladesh 英語版 Disease Outbreak News 17 February 2023 WHO(World Health Organization)

コレラ - 世界の状況 

令和5(2023)年2月22日
2021年半ば以降、世界は第7波のコレラ患者の急増に直面しています。この流行の特徴は、複数の集団発生の数、規模、同時発生、数十年間コレラの発生していない地域への拡大に加え、驚くほど高い死亡率です。2023年2月1日現在、少なくとも18カ国からコレラ患者発生の報告が続いています。 Cholera – Global situation 英語版 Disease Outbreak News 11 February 2023 WHO(World Health Organization)

麻疹 - アフリカ、南スーダン共和国 

令和5(2023)年2月20日
2022年1月から2023年2月1日まで、南スーダン共和国の保健当局は、継続して麻疹の発生に対応しており、全国で388例(全体の8.9%)の検査確定例を含む4,339例の疑い例と46名の死亡例(致死率(CFR):1.06%)を報告しています。 Measles - South Sudan 英語版 Disease Outbreak News 10 February 2023

検疫所 

令和5(2023)年2月18日
新型コロナウイルス感染症の世界の状況報告(更新102)  COVID-19 Weekly Epidemiological Update(WHO)2023年2月15日

コレラ - アフリカ、コンゴ民主共和国 

令和5(2023)年2月16日
2023年2月4日現在、合計4,386人のコレラ患者(うち1,009人は検査確定)と16人の死者(CFR 0.4%)が報告されています。 Cholera - Democratic Republic of the Congo 英語版 Disease Outbreak News 10 February 2023

史上初のマールブルグ病の発生を確認- アフリカ、赤道ギニア 

令和5(2023)年2月16日
ブラザビル(Brazzaville)/マラボ(Malabo) 赤道ギニアは本日、史上初のマールブルグ病の発生を確認しました。同国東部のキエンテム(Kie Ntem)州で少なくとも9人が死亡したことを受けて実施された予備検査では、検体の1つが、このウイルス性出血熱の陽性であることが判明しました。 Equatorial Guinea confirms first-ever Marburg virus disease outbreak 英語版 Disease Outbreak News 13 February 2023

コレラ - アフリカ、マラウイ共和国 

令和5(2023)年2月16日
マラウイ共和国では、2022年3月3日以降、全29地区から36,943人の患者と1,210人の関連死が報告され、コレラが広く流行しています。同国の歴史上、最も多くの死者を出しているコレラの発生となっています。先月から患者数が急増しており、緊急の大幅な介入なくしては、このまま自体が悪化していくことが懸念されます。 Cholera - Malawi 英語版 Disease Outbreak News 9 February 2023

複数国 - WHO 

令和5(2023)年2月14日
複数国におけるmpox(サル痘)のアウトブレイク(更新15)
確定された感染者数 85,449人、死亡者数 89人 / 国・地域数 110
複数国におけるmpox(更新15) External Situation Report 15, published 2 February 2023
Date as received by WHO national authorities by 17:00 CEST, 30 January 2022

アフリカ

マダガスカルのサイクロンCHENESO、ナイジェリアのラッサ熱、WHOアフリカ地域におけるMpox  第6週2023-1/30~2/5まで
WHO African Region WEEKLY BULLETIN ON OUTBREAKS AND OTHER EMERGENCIES 英語版 
Data as reported by: 17:00; 5 February 2023

髄膜炎 - アフリカ、ニジェール共和国 

令和5(2023)年2月12日
2022年11月1日から2023年1月27日までに、ニジェール共和国、南東部のザンデ―ル(Zinder)州から、死者18人を含む合計559人の髄膜炎患者(うち111人は検査確定)が報告されており、本件の全体のCFR(症例致死率)は 3.2%となっています。 Meningitis - Niger 英語版 Disease Outbreak News 8 February 2023

中東呼吸器症候群コロナウイルス- 中東 

令和5(2023)年2月12日
2023年1月5日、オマーン国のIHR(国際保健規則)に基づく国の連絡窓口は、オマーンの北バーティナ(North Batinah Governorate)の60歳男性の中東呼吸器症候群コロナウイルス(MERS-CoV)の患者をWHOに通知しました。 Middle East Respiratory Syndrome - Oman 英語版 Disease Outbreak News 8 February 2023

検疫所 

令和5(2023)年2月9日
新型コロナウイルス感染症の世界の状況報告(更新101)  COVID-19 Weekly Epidemiological Update(WHO)2023年2月8日

南米 

鳥インフルでアシカ大量死 - ペルー  令和5(2023)年2月8日
ペルーの国立自然保護区管理事務局は7日、アシカ585頭と野鳥5万5000羽が、鳥インフルエンザA(H5N1)に感染し死んだと発表した。ペリカンや海鳥、ペンギンなどの野鳥の死骸が発見されたのは沿岸保護区域8か所。その後、7か所の区域でアシカが死んでいるのが見つかった。ペルーでは昨年11月、ペリカンから高病原性の鳥インフルAが3例確認されたことから、180日間に及ぶ警報を発令している。  出典:AFP=時事 JIJI.COM 2023年02月08日14時46分

アフリカ

モザンビークのコレラ、ブルンジのコレラ、WHOアフリカ地域におけるCOVID-19 
第5週2023-1/23~1/29まで
WHO WEEKLY BULLETIN ON OUTBREAKS AND OTHER EMERGENCIES 英語版 
Data as reported by: 17:00; 29 January 2023

南米 

令和5(2023)年2月5日
麻疹- パラグアイ共和国 2023年1月23日、パラグアイ共和国のIHR(国際保健規則)に基づく国の連絡窓口は、2022年9月15日に発熱と発疹を発症した14か月男児における麻疹患者をWHOに届け出ました。 Measles - Paraguay 英語版 Disease Outbreak News 2 February 2023

令和5(2023)年2月4日
新型コロナウイルス感染症の世界の状況報告(更新100)  COVID-19 Weekly Epidemiological Update(WHO)2023年2月1日

検疫所 

令和5(2023)年1月31日
検疫所ベクターサーベイランスデータ報告書(2021 年)  厚生労働省 医薬・生活衛生局 検疫所業務課 更新日:2022年8月26日
English 英語版 Annual Report of Vector-borne Diseases Pathogens and Vector Surveillance 2021  New 31st January 2023

WHO - Fact sheets/狂犬病 Rabies 

令和5(2023)年1月31日
狂犬病は、ワクチンで予防可能な、中枢神経系を侵す人獣共通感染症のウイルス性疾患です。臨床症状が現れる(発症する)と、ほぼ100%が死に至ります。狂犬病は、WHOの「顧みられない熱帯病撲滅のための世界的取組(ロードマップ)2021-2030」に含まれており、対象疾患の制圧に向けた地域ごとの段階的な目標が設定されています。狂犬病はその一つです。人獣共通感染症であるため、国、地域、世界の各レベルで部門を超えた緊密な連携が必要です。
english 英語  Rabies  19 January 2023
日本語 japanese  狂犬病  厚労省検疫所 2023年1月31日

アフリカ

コンゴ民主共和国のコレラ、南アフリカのはしか、WHOアフリカ地域のサル痘  第4週2023-1/16~1/22まで
WHO WEEKLY BULLETIN ON OUTBREAKS AND OTHER EMERGENCIES 英語版 
Data as reported by: 17:00; 22 January 2023

複数国 - WHO 

令和5(2023)年1月12日
複数国におけるmpox(サル痘)のアウトブレイク(更新13)
確定された感染者数 84,733人、死亡者数 80人 / 国・地域数 110 複数国におけるmpox(更新14) External Situation Report 14, published 19 January 2023 Date as received by WHO national authorities by 17:00 CEST, 15 January 2022

検疫所 

令和5(2023)年1月27日
新型コロナウイルス感染症の世界の状況報告(更新99)  COVID-19 Weekly Epidemiological Update(WHO)2023年1月25日

検疫所 

令和5(2023)年1月27日
新型コロナウイルス感染症の世界の状況報告(更新98)  COVID-19 Weekly Epidemiological Update(WHO)2023年1月19日

アフリカ

ケニアのコレラ、WHOアフリカ地域全体のOVID-19、WHOアフリカ地域におけるサル痘  第3週2023-1/9~1/15まで
WHO WEEKLY BULLETIN ON OUTBREAKS AND OTHER EMERGENCIES 英語版 
Data as reported by: 17:00; 15 January 2023

中米、カリブ海 

令和5(2023)年1月22日
鳥インフルエンザA(H5)のヒト感染例報告-エクアドル共和国  Human infection caused by avian influenza A(H5) - Ecuador 英語版 Disease Outbreak News 18 January 2023

アフリカ

令和5(2023)年1月19日
エボラウイルス病(スーダン型) - ウガンダ共和国 (終息)
厚労省検疫所 終息宣言2023年1月14日版 Disease outbreak news 2023年1月14日
WHO 英語版 Ebola disease caused by Sudan ebolavirus – Uganda  Disease Outbreak News 14 January 2023

アフリカ

令和5(2023)年1月14日
ウガンダは、スーダンエボラウイルスによって引き起こされたエボラ出血熱の流行の終息を2023年1月11日に宣言しました(2022年9月20日にウガンダ中部のムベンデ地区で最初の感染者が確認されてから4か月未満となります)
厚労省検疫所 ウガンダによるエボラ出血熱の終息宣言 2023年1月11日版
WHO 英語版 Uganda declares end of Ebola disease outbreak Disease Outbreak News 11 January 2023

WHO 

令和5(2023)年1月14日
中東呼吸器症候群(MERS)(ファクトシート)Middle East respiratory syndrome coronavirus (MERS-CoV)  英語 WHO. Fact sheets 5 August 2022

アフリカ 伝播型ワクチン由来ポリオウイルス2型 (cVDPV2)- スーダン共和国

WHO Circulating vaccine-derived poliovirus type 2 (cVDPV2) – Sudan 英語版 
Disease outbreak news 12 January 2023

アフリカ

ウガンダにおけるスーダンウイルスによるエボラ出血熱(流行終息宣言)、ニジェールの髄膜炎、WHOアフリカ地域におけるサル痘  第2週2023-1/2~1/8まで
WHO WEEKLY BULLETIN ON OUTBREAKS AND OTHER EMERGENCIES 英語版 
Data as reported by: 17:00; 8 January 2023

複数国 - WHO 

令和5(2023)年1月12日
複数国におけるmpox(サル痘)のアウトブレイク(更新13)
確定された感染者数 83,943人、死亡者数 75人 / 国・地域数 110 複数国におけるmpox(更新13) External Situation Report 13, published 5 January 2023 Date as received by WHO national authorities by 17:00 CEST, 2 January 2022

検疫所 

令和5(2023)年1月12日
新型コロナウイルス感染症の世界の状況報告(更新97)  COVID-19 Weekly Epidemiological Update(WHO)2023年1月11日

検疫所 

令和5(2023)年1月12日
新型コロナウイルス感染症における検疫について  (2023年1月12日現在)  海外から帰国・入国される方へ  厚労省 FORTH 検疫所

検疫所 

令和5(2023)年1月8日
新型コロナウイルス感染症の世界の状況報告(更新96)  COVID-19 Weekly Epidemiological Update(WHO)2023年1月4日

検疫所 

令和5(2023)年1月8日
注意喚起! 新型コロナウイルス感染症における検疫について(2023年1月8日現在) 現在、中国(香港、マカオを除く)からの入国者に対し、臨時的な水際措置を講じています。有効なワクチン接種証明書又は検査証明書のいずれも提示できない方は、検疫法に基づき、原則として日本への上陸が認められず、また、出発国において航空機への搭乗を拒否されますのでご注意ください。  海外から帰国・入国される方へ  厚労省 検疫所

検疫所 

令和5(2023)年1月3日
注意喚起! 黄熱 - アフリカ地域(AFRO) 本記事は、前回2022年9月2日に発表されたDiseas Outbreak News 以降の、WHOアフリカ地域の黄熱の状況について更新  Yellow fever - African Region (AFRO)  英語 WHO Disease Outbreak News 3 January 2023



感染症病棟


弊社の技術・強み・知見

column   基本再生産数
ウィルスの種類それぞれで感染させてしまう人数はおおよそ分かっています(一人の感染者から生じうる二 次感染者数) → 基本再生産数(R0)
インフルエンザ R0=2~3、HIV/AIDS R0=2~5、SARS R0=2~5、風しん R0=5~7、 麻しんR0=12~18 スーパースプレッダーといわれる人は10人以上に感染させます。
麻しんのR0を見ても空気感染の恐ろしさが分かります。インフルエンザによる学級閉鎖の基準値はR0=2.4です。
0以上であれば必ず拡大します。


食中毒 <  > 防護具

ページのトップへ戻る